2017/08/16

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】2歳児って


BaBy Pearl Nurseryは、

1歳児と2歳児の専門の保育所です。

パール幼稚園と共通し『自立と自律』

を促すことを目標としています。

もちろん、午睡の時間もあります。。。

「自分のことは自分でします!」

所謂、大人な扱いをしたいと考えています。

しかし・・・1歳児と2歳児。

幼稚園でいうと年中児に、

よく見られるような、

個人の発達の差には大きな開きがあります。

しかし、集団での育ち、学び、吸収するものは多く、

それぞれが、それぞれのスピードで成長を重ねています。

しかし・・・私たちは盲目になってはなりません。

全てを吸収していく頃なので、

通常でも、

日毎に出来きることは増えていくものです。

集団での育ち・・・ここがポイントとなるでしょう。

集団での育ちは通常の育ちを加速させるものでなくてはなりません。

まずは、保育士の仕草、振る舞い、言葉遣い、歩き方・・・

全てを吸収し、学びに転化して身につけていくものです。

保育士の先生が意識を払い接していくことが重要です。

それを空間づくり・・・

空間に命を吹き込むこととなるのです。

丁寧さの意味合いを理解することですね。

2017/08/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ひと工夫


幼稚園では少しの夏季休業をいただいておりますが、

BaBy pearl Nurseryは通常開所となります。

昨日、足を踏み入れてみると・・・

ジャン!

夏を感じさせるステンドグラス風な作品が飾ってありました。

高◯◯帆先生の作品です。

以前、「ステンドグラス風の作品を造って飾ってよ」

とお願いしておきました。

勤務外の時間を使って作成したのでしょう。

いいですね。

嬉しいことです。

そして・・・

先日、園児たちの遊びをみていて・・・

「ダンボールハウスでも造ったら、遊びが展開できるよ。」

と声をかけました。

翌日・・・少し笑えるおちゃめなハウスができていました。

即実行。

即行動。

これはパール幼稚園では当たり前のことであり、

自己成長のツールのひとつでもあります。

わたしは、大事なことはボヤキとして伝えることが多いのです。

なぜならば、そのボヤキを耳にして行動に移すのは本人。

強制するのは簡単です。

しかし、身にはつきません。

ボヤキを察知し行動してこそ、本人のモノなるのです。

次への大切な判断材料となるのです。

例えば・・・

あそこを掃除しておいて・・・

棚の上に埃がたまっているから綺麗にしてね・・・

植木に水をあげておいて・・・

など、直ぐに行動しなくてもいいこともありますが、

直ぐに行動するか、しないか・・・

これらで、気づきの能力は大きく変わります。

スグにできるか?できないかは?

見ればわかります。

できる状態だからお願いしてるのです。

幼稚園でもキャリアの浅い先生方、

大半のBaBy Pearl Nurseryの先生方も、

Pearlの基準などと口にします。

Pearlの基準・・・即実行。即行動も当たり前だけど、

一言で表すとしたらならば、

何人が言えるのでしょうか。

マネージャー陣の先生方?

伝えられますか?






2017/08/14

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】BaBy Pear Nurseryについて


BaBy Pearl Nursery について、

お問い合わせを多くいただいております。

BaBy Pearl Nurseryは小規模保育所A型、

1歳児9名・2歳児10名の定員となっております。

配置保育士については、

現在、施設長1名・常勤保育士5名・非常勤保育1名の体制です。

お申し込みにつきましては、区役所の保育サービス課が窓口となり、

各認可保育所同様の基準において入園となります。


開所時間については、

月曜日より土曜日(暮れから正月は休園)

午前7時30分より午後7時までとなり、

延長保育は午後7時30分までとなります。

給食につきましても自園調理となり、

離乳食・アレルギー食にも対応いたしております。


ここからが需要です。

パール幼稚園との連携施設となりますので、

2歳児過程終了後、

パール幼稚園へは優先入園することができます。

しかし・・・BaBy Pearl Nurseryは、

学校法人立私立幼稚園が設置母体です。

保育というより、

幼稚園教育が基盤となりますので、

保育内容につきましても他の保育所とは、

保育所の要件を満たしながらも、

はっきりと異なるものであります。

『保育ではく、幼児教育の実践を』コンセプトに、

パール幼稚園独自の教育メゾットを取り入れ、

5年教育活動の実践を試みています。


そして・・・

利用者の方々も保護者と位置づけていますので、

ご家庭での教育にもご協力をいただきながら、

園児の健やかな成長を願い、

ご家庭と園とが一体となることで、

さらなる教育の実践の充実をして参りたいと考えています。

ですから・・・

区が定める保育料の他に、

園児管理システム費用
(年度末にポートフォリオ・保育指針に沿っての成長の記録)

体操着・スモック・園帽子などの

費用も別途徴収させていただいております。


よって・・・

預けることだけを目的とする利用者の方々には不向きな保育所です。

小学校就学前の5年間の就学前教育における幼児教育の実践、

パール幼稚園の実践する幼児教育、

所謂、幼稚園教育を視野に入れて、

子どもたちの成長を願うご家庭の方々と

ご縁を育んでいきたいと願っています。


活動内容につきましては、

戸外遊びは、幼稚園スクールバスにて送迎し、

幼稚園園庭がメインとなります。

生活の発表の場である園外行事(FESTA・UTABUTAI)は、

幼稚園との合同での開催となりますので、

保護者の方々にもご参加いただくこととなります。

BaBy Pearl Nurseryへの入園をお考えの方は、

お手数ですが、

BaBy Pearl Nurseryのご見学いただく前に、

是非、母体である、

パール幼稚園のご見学をいただき、

わたくしどもが目指す幼児教育のご理解と

目指す方向へのご確認いただきたいと考えています。


パール幼稚園では、

教育活動開始前・終了後の預かり教育活動時間は長く

午前7時30分より午後7時までとなり、

夏休み・冬休み・春休みの長期休業中の預かり教育活動も実施し、

大田区内、都内においても充実したシステムとなっております。

保育所しかないとお考えのご家庭のみなさまも、

保育所同様の時間帯で幼児教育を受けられるということです。

小規模保育所は認可保育所と同じ条件で区への申し込み、

区からの応諾となります。

利用者の方々にしてみれば、

園は選べないということになりますが、

それぞれ、希望調査は出せるようになっているようです。

しつこいようですが・・・

BaBy Pearl Nurseryは、

預けることを目的とする利用者の方々には不向きな保育所です。

どうか・・・

小学校就学前の5年間に大切にしたいこと、

5年間の幼児教育を大切にお考えのみなさま、

そして、保護者として、

学園の方針にご理解とご協力をいただき、

子どもたちの成長、学園の発展を願っていただける方と、

ご縁を育んで行きたいと願っております。

それが、

子どもたちにとって、

幸せとなることだからと考えています。





パール幼稚園の見学に際しましては、

9月1日以降より開始。

ホームページ又はお電話にてお申し込みいただけます。

その際には、BaBy Pearl Nursery対象とご一報ください。

2017/08/10

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】スケジュール



近頃、年のせいででしょうか?

幼稚園業界では、

重鎮の先生方の引退や、

若くから、この職業に就いていることもあるのでしょう。

この頃、色々な役が回ってきてしまいました。

夏休みに突入しても、

幼稚園向けのセミナー講師、

異業種向けの講演・・・

そして、ワタクシにとっては大きな難題である、

私立幼稚園の振興対策問題(保護者軽減負担金等)

でのお役所とのやり取り・・・

各会派ごと、

区議会議員の方々への私立幼稚園の説明及び勉強会の開催。

それに伴う資料作成・・・。

コレ・・・とっても苦手です。

でも昔から大事な事は言わなくてはならないと思っていましたので、

丁寧に私立幼稚園の置かれた状況や求められる立場。

両方やっているからこそ理解できる幼稚園と保育所の格差を伝えています。

これも積み重ねだと思います。

直ぐには実現できないと思いますが、継続あるのみです。

スケジュール組みが下手なので、

これと言ってお休みはもらえなさそうですが。

スケジュール帳とニラメッコしながら、

少し遠い未来に想いを巡らす旅をしています。

私にしてみれば、大きなプロジェクトが9月から始動しますので、

未来地図のピースとなるものを物色したいと思います。

2017/08/09

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】芸術的感性


都内においては、

ジリジリと痛く、

焦げるような日差しでしたね。

虫の声を心地よく捉えるのは日本人の特性だそうです。

とある国では蟬やコウロギの虫の音は雑音と捉え、

駆除の対象となるようです。





八木重吉さんの詩をご紹介します。


 『蟲』

「 蟲が鳴いてる

いま ないておかなければ

もう駄目だというふうに鳴いてる

しぜんと

涙をさそはれる 」

 

自然描写の美しさと捉え

その本質を捉える洞察眼は素晴らしいですね。

日々の忙しさに惑わされ、

感性を見失わないようにしたいものです。

人は悲しい時、

苦しい時に涙を流すものですが、

さらに深いところから溢れ出るものです。

懸命に打ち込む姿に心奪われる。

それが感動の涙なのかもしれません。 


2017/08/08

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】love letter from ・・・


先日の福岡でのセミナー・・・

多くの反響をいただいているようです。

義務ではない研修となりますから、

やはり、参加する幼稚園様の先生方は意識が高いもの。

そんな中・・・白水学園の先生方からのレポートを頂きました。

くすの木、森の木、もみの木の3園の主力の先生方。

心意気が素敵です。

『いい幼稚園には、いい先生がいる』

不変のルール、そのものですね。

白水剛先生・・・

彼は、このように言います『N0 LIMIT!!』

そして・・・

ワタクシはこう言ってます『NO PEAK!!』

やはり求めるものの根底は同じですね。

そう、そう、

くすの木幼稚園の副園長先生に、

「打っても響かない、変わろうとしない先生を・・・

そのままにしておくとは?」

このような質問をいただきましたが、

上手く答えになっていなかったように思い、

ずっと頭にひっかかっていたのです。

求められていることに気づかないと生き残れない。

そんなルールに気づくべきです。

できることしかやらない。

やりたくないことはしない。

それではダメだということであり、

そっとしておく期間の中で、

求められることに気づき、

同時に、管理する側は、

自分しかできないことを見出せるように導くことが大切です。

時間と根気、

そして、

その間、

役割を果たさない人への給与は支給しますので、

未来投資という考えも必要となりますが・・・

家族的結合。

家族にはなれないけれど、家族の繋がり。

その部分を新人のうちから、

身を以て理解してもらえればいいのでしょう。

どれも簡単ではなく難題です。




2017/08/04

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】シンプル



ホッチキス!ホッチキスと、

この園舎の建設当時からある整理棚の中を探していると‼︎?

レトロな昭和なホッチキスがありました。

シンプルで飾りのないデザインですが・・・

こういうのは好みです。

シンプル・・・・・

近頃、思うのですが、

世の中はきわまえてシンプルで、

うまくできているだなと感じています。

うまくいかないときは、

運不運の問題ではなく、

やろうとしていること・・・

そのもの自体、

その人の役割に沿っていないから??

というのが多いように感じています。

逆に、役割に合うことをやっているときは、

とんとん拍子に進んだりするものなのです。

そして・・・個人。

人それぞれ、伸ばしたい部分があります。

たとえば輝いている人になりたかったのならば、

輝いている人を意識的に観察することです。

クセやコツをつかむということが求められるのです。

いろいろとシンプルなことがわかってくるものかと。

2017/08/03

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】時代背景


今年の夏の預かりは大勢です。

時代背景が導くものなのでしょう。

「保育園落ちた・・・」のつぶやきから、

国を巻き込んでの待機児童対策・・・・・。

それは、本当に正しい子育て支援といえるものなのでしょうか。

そうでないような気がしてなりません。

しかし・・・時代は保育所優勢。

教育より福祉が重要とされています。

施設に対する助成からはじまり、

保育士への優遇措置。

果たして、それも正解なのでしょうか。

保育士不足といえども、

自分の力量などは、

そっちのけで、

条件のよい所へよい所へと転々と転職するものが増える中、

制度としくみを武器にする保育士が増してしまうのではと危惧します。

一方、幼稚園教諭。

保育士の優遇制度により、あらゆる処遇も逆転。

職務の内容、責任、時間の拘束も・・・

保育士とは比べ物にならないほど幼稚園教諭はハードです。

ですが・・・比べてはいけないとも思っています。

幼稚園教諭はお金じゃないんですよ。

時間じゃないんです。

それ以上の対価を得ることができるのです。

しかし・・・

これらは幼稚園教諭不足の結果を導くことになることでしょう。

幼稚園は教諭あってこそ、

幼児教育を実践できます。

園児がいてこそ先生と呼ばれますが、

先生がいなければ、

園児に対しても教育の実践ができません。

そして・・・

ご理解と協力していただける保護者がいてこそです。

逆に、

ご理解とご協力をいただけない保護者の方々は

他園へどうそということにもなるのです。

時代背景が導くものは変化していることは確かなことです。

いろいろと考えていると・・・

メビウスの輪の追っているような感じにもなります。

教育と保育、

先生と保護者、

保護者と利用者、

制度とやりがい

パール幼稚園に求められることは何か?

便利や都合か・・・

価格か価値か・・・・・

またや、これらをひっくるめての価値の創造なのか?

求められるものの方程式。

あらたな算術を見出す時期なのかもしれません。





2017/08/01

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】未来地図


少〜し先の未来を考えている時間は楽しいものです。

そして・・・

色々な過去から繋がる現在を考えていると、

心痛い時が多いものです。

「求められていることが理解できない」

そのような方程式に当てはまってしまうと、

どうにも頭が回らなくなってしまいます。

求められるもの・・・

これからの時代において、

中間に位置するものは・・・

なくなっていくのでしょう。

中間に位置するもの。

できることだけやっていてもダメだということです。

今まで私たちはこのようなシステムであったから、

それでよい。

これでなければならない・・・。

自分も含め、

自分たちの出来る事だけをやっている組織、

個人は世の中から必要とされなくなるでしょう?

もちろん、

幼稚園というところは、

保護者に迎合していても、

よい結果を導くことはできません。

先生方と保護者の方々に、

幼稚園を惚れ込んでもらわないと、

いい幼稚園への道のりは遠くなります。

費用を納めているのだから当然。

この幼稚園に通わせているのだから当然。

しかし・・・

幼稚園でできることは限られています。

ご家庭の協力があってこそ、

園での幼児教育、幼稚園教育が成り立ちます。

そして・・・

スグそこには、入園受付という課題があります。

今後、園運営において、

入園受付は大きな課題になると考えています。

しっかり、きちんと・・・

入園受付の意義を考えたいと思います。

一緒になってパール幼稚園を支えていただける方、

どんな方々と幼稚園を築きたいのか発信しないとなりませんね。

少ーし先の・・・未来。

幼稚園という固定観念を除き迫りたいものです。





パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】FUN・FAN


株)S・Yワークス主催の 幼稚園人材化セミナー。

ゲスト講師をして、

トップマネージャー竹内理恵先生と園長野村良司・・・

2日間に渡り、東京、福岡のセミナーも終了いたしました。

2日間合計100名以上、

全国各地の名を轟かす幼稚園の先生方にご参加いただくことができました。

このような機会を頂戴することができ、

わたくし共にとりましてもいい経験、

学び深き時間となりましたこと、

お礼申し上げます。

両会場とも熱心な先生方が会場の場を盛り上げてくださり、

多くのことを助けられたと思います。

幼稚園はトップで99%決まります。

そして残り0.1のうちの0.09%の主任のウエイトが全てだと考えています。

このウエイトがしっかりしていないと・・・

園の理想は99%実現できません。

この経験もひとつのステップ。

次のステージを目指して進みたいと考えています。

そして・・・

永遠の好敵手・・・

福岡白水学園 白水剛先生もブログに記してくれています。
http://www.shirouzu.ed.jp/blog/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92live-in-%E5%8D%9A%E5%A4%9A/

このような先生が同世代にいることは幸せだと思います。




2017/07/28

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】準備は大切デス


明日、明後日に控えるセミナー。

東京会場、福岡会場とも多くのお申し込みをいただいているようです。

特に福岡会場においては、

我が永遠のライバル、

くすの木、もみの木、森の木の3つの幼稚園を束ねる、

白水学園 理事長 白水剛先生が、野村良司が福岡で話すんだから!

と・・・ブログやFBなどを通じて告知してくれたおかげで、

会場は満員御礼!
(担当のコンサルタントさん!
以後、自分の力で集客を頑張りましょう。)

ともあれ!

パール幼稚園 トップマネージャー 竹内理恵先生・・・

準備に準備を重ねているようで、

毎晩、毎晩、録音しながら練習しているようです。

とっても緊張感が伝わって参ります。

業界屈指の認知力の幼稚園の主任ですから、

業界屈指の主任というワケです。

(プレッシャーを与えます。笑・・・)

講義時間が40分と、

一番まとめづらい時間での構築です。

何故か?

この担当コンサルタントさん・・・

自分の企画するセミナーの時間配分は、

いつも・・・講師泣かせな時間の

配分だというこに気づいていないようです。笑

そして、ワタクシはいつも通り。

パワポいじって、原稿なしの会場の雰囲気で出たとこ勝負。

高額な費用を支払って参加していただきますから、

よい時間を過ごしていただきたいですね。

2人でセミナー講師とは、貴重な時間となりますし、

いい経験をさせていただいていることと思っています。

しっかり!きちんと!ばっちり!

そんな時間にできるように臨みます。

みなさま、よろしくお願いいたします。
2017/07/27

パール幼稚園 【ファンが生まれる幼稚園】夏の風物詩


幼稚園の世界では研修会は夏の風物詩ともいえます。

連合会では、新規採用者宿泊研修
(コレに参加させると直ぐに退職します。笑)

中堅宿泊研修
(記録が全ての論文魔女になってしまいます。)

ベテラン宿泊研修
(年齢の幅が広すぎて話になりません。)

※ 上記はパール幼稚園に限った話ですのでご注意ください。
  他の幼稚園様では大変、学びに繋がるようです。

またもや、歌系やダンス系・・・

運動会系など様々な研修があります。

昔は、参加させていたのですよ。

幼稚園を休園しての他園見学。

他園の行事見学。

時間をさいて、費用をかけて、投資して・・・

ほとんどプラスにならない。

研修会に参加できることが勲章になり、

その後・・・園のプラスには結びつかない。

ですから、キッパリ!やめました。

しかし・・・教員免許更新制度が制定され
(保育士にはないんですよ!?そんでもって賃金高い)

教員の資質向上が課題となっていますから、

必要最低限の部類には参加してもらいます。

専門的知識や言語の習得もいいのですが・・・

やはり、パール幼稚園における教員育成は人間の成長。

心を強くし、心を美しくすることが全てな気がします。

そして、今や様々な研修の大半は園独自で行います。
(そのうち、ガラパコス化しますね。)

さて、そんな風物詩のひとつの研修会。

保育教材業者最大大手、株)ジャクエツ様
(福井県に自社モデル園となる幼稚園と保育園を運営してます。)

次世代を担う園後継者を集めた、

二日間の缶詰研修の講師を勤めさせていただきました。

参加者の先生方もお若く・・・

ワタクシは、やっぱり、おっさんだと自覚もいたしました。

二日目の最終講座オオトリでしたが、

先生方・・・

お疲れのようでしたね〜 笑

心、痛そうでしたね〜 笑

あまりにもぬるま湯加減が見受けられたので、

すこーし、熱く語ってしまいました。

別に、いい人でいる必要もないし、

テキトーにやって、

何とかなる仕事ではなし。

人生を掛けてやるにことに、

ふさわしい仕事にするかしないかは本人次第。

でもね、

やりたくても、簡単にやれる業種でもないし、

なりたくても、簡単になれる仕事ではないのです。

自分の未来に恋をできる人こそ、

やる資格があるのではないかと思うのです。

さぁ、お次は同じネタで8月後半に関西会場です。

関西・・・アウェイなんだよね。


2017/07/25

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】終業式


早いもので一学期も終業式。

9月までクラスでの教育活動はしばらく休憩。

保護者の皆様のご理解、

ご協力をいただきながら過ごすことができました。

ありがとうございます。

長期の休業となり、遠方へのおでかけの予定などもある事と存じます。

よい思い出に残る夏休みをお過ごしください。
2017/07/20

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】Camp2

Campの2日目のスケジュールも

お楽しみ会のみとなりました。

今日は園長&松原先生&山下先生チームを編成。

所謂、飛び込みジャンプに挑戦できそうな男子チーム編成。

午前中から男子の飛び込みジャンプの挑戦前に、

ライフジャケットでの浮かび方&

川の流れの乗り方講習からスタート。

怖い!!なんて言っていた男子も・・・

空飛ぶ術を覚えたかのように、

川の流れにのって浮かぶものだから大はしゃぎ。

さて・・・

いよいよ飛ぶ込みジャンプのスタートです。

まずは、お手本。

結果・・・10人くらいかな?挑戦できた男子は。

ツボに入ってずっと挑戦してる男子。

恐る恐る2度、3度と挑戦する男子。

プライド高く・・・仕方が無しに挑戦した男子。

自分じゃできないから、

放り込んでくれと泣きながら挑戦する男子。

チーム編成に入ったのはいいけれど・・・

絶対にやらなし男子。

挑戦者は勇気を振り絞ってのことでしょう。

将来、男ならば・・・

勇気を出さなきゃいけない場面に出くわすもの。

勇気の振り絞り方は経験から。

そして・・・

チーム女子の登場!!

女は度胸。

こういうのって女子は強いものですね。笑

魚すくいに真剣な子。

石ころ集めに夢中な子。

それぞれの遊び方あっての川遊び。

真っ赤に日焼けしながらクッタクッタの様子です。

本日も夜中にMovieの更新はあると思います。

おっさん47歳・・・やっぱり疲れるわ。




体調不良のためにお迎えにお越しくださった保護者の方々。

遠路、お手数をお掛けいたしました。

ありがとうございました。


パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】Canp1

Camp1日目のMovieをアップいたしました。

HPよりご覧ください。
2017/07/18

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ガッツだぜ〜


今年のフレッシュな先生の多くはパソコンで名前が変換できません。

この先生も、そのひとり。

アメシストクラス担任の藤◯◯◯佳先生です。

ガッツ!!そんな言葉が似合うようになってきました。

青森出身の先生なので・・・

イントネーションが気になります。

新人ですから、

ドキドキしながら電話連絡をしているのでしょうね。

電話の最中に後ろで、

ワタクシや◯竹先生に「チガウ!!」と指摘され、

また、また、気にしだすと一層のこと青森っぽくなり・・・

本人も笑ってしまってます。

また、その笑い顏と愛嬌は何とも言えません。

でも、藤◯◯◯佳先生の人懐こさは最大の魅力です。

一学期も終わりとなりますが・・・

楽しさと悔しさ??

どちらが勝ったでしょうか?

夏休みもありますが、

二学期に備えて欲しいものです。

2017/07/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】一年後の自分


一年後の自分を甘くみてはいけませんっ!!

大丈夫!あなたならできる!!

大丈夫!どんな自分からでも逆転できる!!

なんて・・・・・無責任なことは言いません。

でも・・・大丈夫。

パール幼稚園に携わり、

人生を変えている先生方はいます。

「できるでしょ!!うちらも!!」

そんな勢い・・・

ニッポン人のDNAではないでしょうか?

種子島の鉄砲鍛冶の方々も・・・そう。

ポルトガル人が持ってきた鉄砲をみて・・・

「できるでしょ!!」と思って行動したはず。

写真の山◯◯子先生も・・・

パール幼稚園に携わり人生を変えた方。

ピアノなんて全く弾けなかった先生が・・・

ご存知のとおり「この日だけの音楽会」で見事な伴奏を披露したり、

できなかったこと、

苦手なことも克服しながら、

Primaryの児童のために努力を重ねてくれています。

やり遂げた自分を描くことは大切ですね。

心の中に未来を描く。

そのために行動すると未来が現在と繋がるワケですね。

未来からのサイン・・・

キャッチしましょう。

やり抜くって決意したとき、

未来は変わるものです。




お知らせです。

夏休みに差し掛かる頃ですが、

幼稚園業界ではセミナーラッシュです。

夏の研修の一コマに加えていただければ幸いです。

東京・福岡で開催する、

株)S・Yワークスのセミナーです。




2017/07/10

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】真の目的は?


先週末は一学期最後の就職合同説明会への参加でした。

完全に売り手市場・・・

売り手市場からなる意識の低下なのでしょうか。

ピンとくる方はひとりもいません。

さて、このリクルート活動の真の目的は何なのか?

ズバリ、教員育成です。

そして、だれもができる事ではありません

リクルート採用活動は、Pearlの仲間を集めなさい!

私からは、そのような指令だけなのです。

だれかに委ねる・・・

たとえ失敗しても、

信頼した人にすべてを任せてみようということが必要ですが、

この信頼が先生方を大きくするものです。

そして、

方向や動機づけが誤っていないかぎり、

自らの意思で責任とリスクのある仕事に挑戦することは、

幼稚園教諭としての人生においてとても大切です。

えり好みせずいろいろな人を受け入れることができる人、

誰にでも分け隔てなく広い心をもって接する人、

相手を信頼できる人は、

何かのときには、

多くの人が協力してくれる豊富な人脈を築いているものです。

そんな先生がぴったりデス。

人脈も実力うちといいますね。

このリクルート活動こそ、

石◯◯子先生の管理職としての能力を向上させたものですね。

2017/07/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】目標設定


日本体育大学スケート部女子アイスホッケー部。

創部2年で学生女子日本一の栄冠を手にし2連覇を達成。

経験者より初心者が多い部を、どのように指導していくかの秘密を、

男子ホッケー部・女子ホッケー部。

監督の「石井和利先生」をお招きして、

東京都の次世代育成交流会を開催いたしました。

この会・・・

昨年度までは、後継者交流会といいましたが、

以前から名称の変更を考えていました。

名称を変更するにも、

常置委員会の承認を経て、

常任理事会、

そして理事会の承認で決議となります。

かなり大変なことなのです。

そんな名称変更後の記念べき一回目。

多くの次世代を担う先生方にお集まりいただけました。

石井先生の熱い講義・・・・・

学生への管理&目標設定のさせ方が半端じゃない。

部活もあることながら、学業、プライベートに至るまで、

事細かく目標を設定していくのです。

常々、いい目標・いい目的が大切だとは言っていますが、

設定のさせ方のヒントも頂戴できました。




お知らせです。

夏休みに差し掛かる頃。

幼稚園業界では様々な研修会が開催されます。

そんなヒトコマに加えて頂けたら幸いです。

株)S・Yワークス様のセミナーです。

ワタクシのみならず・・・

竹内先生も講師として、「N0.2理論」を講義します。

東京 7月29日(土)13:00〜
福岡  7月30日(日)13:00〜

多くの教員の先生方にもお申し込みいただいているようです。

参加者の人数から・・・

東京と福岡の園長先生方意識の差を感じます。笑

組織はトップで99%決まると言われています。

幼稚園も同様でしょう。

しかし、残り1%のうち0.9%は主任で決まります。

私立幼稚園の人財育成は主任で左右してしまうものです。

そして、主任以上の教員は絶対に育ちません。

ご都合が合えば、ご参加をお待ちしております。


2017/07/03

パール幼稚園 【ファンが生まれる幼稚園】風・・・


都議会選挙も終わりましたね。

これで風向きが決まりました。

時代は変わると思います。

幼稚園・・・変わらなきゃってことでしょう。

さて・・・

いつの時代になっても、

どんなに時流が変化しようとも、

私立幼稚園は人財育成。

教員育てで決まると考えます。

先週末は、

株)クロスライフパートナーズ主催のセミナー

講師は・・・我が永遠のライバル

福岡県の白水学園 理事長 白水 剛先生。

くすのき幼稚園の学年主任の2人の先生方。

流石です。

会場は超満員。

この先生のお話を聞く度に自論の確認になり、

おっ!というヒントも頂戴します。

私にとって・・・いつでも刺激的な先生です。

I scene ・・・・・

白水理論満載、いい時間を過ごすことができました。

白水先生。

ありがとうございます。



お知らせです。

夏休みに差し掛かる頃。

幼稚園業界では様々な研修会が開催されます。

そんなヒトコマに加えて頂けたら幸いです。

竹内先生も講師として、「N0.2理論」を講義します。

東京 7月29日(土)13:00〜
福岡  7月30日(日)13:00〜

ご都合が合えば、ご参加をお待ちしております。












2017/06/27

パール幼稚園 【ファンが生まれる幼稚園】次の手へ・・・



包み込みの発想とは・・・

相手の持っているあらゆるものを自分も持ち、

相手が持っていないものも持つことです。

幼稚園・保育園という世界は変化に差し掛かり、

日々、変化もしています。

そして、変化の仕方に応じても、

新しい方向に選択の道が別れ開かれていきます。

その時に、過去のものをクリアにしておき、

新しいものを付加しながら、

全体を変え整えていくことが望ましいと考えます。

そのため、過去も他者もすべて肯定して、

包み込んで理解することが、

努力目標だと思っています。

さぁ、幼稚園における2歳児の受け入れも

可能にするとかしないとか・・・

国のシステムはどこにむかうのでしょうか?



2017/06/26

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】お客さま・・・


来園者=お客さま・・・

土曜日は学生のお客さま。

Pearl の教員採用説明会でした。

雨降る中、多くの学生のみなさんにご来園いただきました。

Pearl Style と題しまして、

石◯先生&川◯先生が働き方のお話を・・・

そして、ワタクシが労働観&教育活動の内容を。

あっと言う間の150分でした。

学生のみんさん!!

いい先生になって豊かな人生を送って下さいね。

切なる願いです。


そして、本日、月曜日・・・

完全に写真を撮るの忘れてますっ。

まずは、地元、東京実業高等学校のアメリカからの交換留学生御一行さま。

流石、米国人。

背が大きいのなんの・・・

そして日本語も上手。

朝の会・・・日本式の模倣教育をご覧いただきまして。

「OH!ビックリ!!」という言葉が出てました。

そして・・・

神奈川県相模原市より「つくしの幼稚園」御一行さま。

そうです。

我が師の幼稚園の先生方です。

奥様の副園長先生&先生方でしたが、

構えることなく、

ありのままをご覧いただけたと思います。

遠路より。ご来園をありがとうございました。




2017/06/23

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】成長速度


今週は、参観WEEKということで、

多くの保護者の方々、ご家庭の皆様にご来園いただいたようです。

参観中のルールにもご協力いただきまして、

ありがとうございました。

4月からの2ヶ月間で、

一番の成長が目に映るのは年少児ではないでしょうか。

もちろん、年中児、年長児でも、

きちんと見れば成長は目に映るものですが、

パール幼稚園にいるのだから「できて当然!!」。

そのような色眼鏡が邪魔となることもあります。

年中児は集団への芽生え。

年長児は集団への帰属。

集団生活だからこそ身につくものがたくさんあるのです。

一方、

覚えてこなくていい言葉・・・

覚えてほしくない遊び・・・

特にお母様方が頭を抱えるようなことも多くあります。

男の子は想像がつかないことをやってくるものです。

お母様方からすれば未知の世界観や出来事ばかり・・・・・

なんてボヤキも耳にしますが、

女の子は女の子で、

デリケートが故に、

段々と気難しくなってくることもあります。

お母様方からすれば、子どもは、皆、異性と同性。

当たり前の話ですが、

一人の人として接していくことがいいのかとも。

集団のなかでは、

これからも成長速度は加速します。





2017/06/22

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】採用説明会


平成29年6月25日(日)

学校法人野村学園 パール幼稚園・BaBy Pearl Nurseryの

採用説明会を開催いたします。

この採用説明会ですが、

新卒で幼稚園教員希望の方、

保育所の保育士(正規保育士・パート)、

幼稚園側のフリー(パート)を希望する方も

要するに既卒の方々も参加可能です。

保護者の方々でもお手伝いをとお考えいただいている方、

参加可能です。

ご都合つけてご参加ください。
2017/06/20

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】三種の神器




スイムウェア・ペットボトル・じゃぶじゃぶ池・・・

この時期、園児たちの三種の神器となります。

これさえあれば、何時間だって遊んでられる道具です。

子どもたちは、じゃれあって遊んでいると自然ルールができるもの。

仕切りたがりの子が場を仕切れば、

従う子もあらわれれば、従わない子もあらわれる。

よって・・・痴話ケンカとなる。

場所の取り合い、ペットボトルの使い方・・・

自分たちでルールを決めることができるのですから、

仲直りの解決もできるのです。

これらは男の子の特性であり、

特権のような・・・女の子には難しい世界。


勿論、ケンカとなれば、

双方納得ということもなく仲直りをすることが多いもので、

仲直りできるものなのです。

男の子たちは他者との遊びの中で、

世の中、非合理(不合理)は当たり前・・・

ということを学ぶのです。

10の努力が10の結果に繫がらないのが世の中です。

ひとつ、ひとつ、前進してほしいものですね。

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】勤勉


よい天気が続いております。

連日、参観ウィークということもあり、

多くの保護者の皆様にご来園いただいております。

4月からの2ヶ月・・・

毎日の継続から生まれる集団の成長をお感じいただけていることと思います。

さて、昨日は、宮崎県からのお客様。

認定こども園 光が丘幼稚園 

理事長・園長 下笠 敏大先生と光が丘の先生方。

下笠先生・・・

お若いですが大変勉強熱心でして、

考えてみると・・・・・

近年、パール幼稚園に足を運ぶ先生では来園率No.1.かな??

私立幼稚園は保護者補助金など振興も要。

誰かがやらなければならない団体としての振興問題。

宮崎県を代表して全国駆け回る超多忙な先生です。

この日は幼稚園を休園しての視察見学。

光が丘の先生方、

とても熱心でして、

幼稚園をよりよくしていこうという姿勢が伺われます。

教育活動終了後、原 先生への質問攻め!!

原先生もとても楽しそうな時間を過ごしていました。

私どもも、その姿勢に学ぶことは多く勉強になりました。

素直・プラス発想・勤勉・・・・そして◯◯◯◯。

成長の要件ですね。


2017/06/16

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】この指とまれ〜



保護者の皆様には、全く関係のない話です。

私立幼稚園の次世代を担う先生方へむけてのお話です。

昨日、お師匠様より命令が下りました。

これからの幼稚園業界を活性化するために、

「20代・30代・40代の先生を集めて勉強会を組織しなさい」

と・・・・・。

オレとオマエのノウハウを公開して、

一緒に次へ進むために勉強するぞ!との意味だと思います。

世の中には、

導入期があり、

成長期を経て、

成熟期となり、

斜陽期、安定期となるのが自然の理。

現在、私立幼稚園の世界は成熟期が過ぎ斜陽期に突入しています。

今から園を継承する後継者の先生は辛いところですね。

完成された幼稚園を継承するほど困難なことはないでしょう。

何をやっていいかわからないでしょうし、

何も挑戦しなくても、何とかなってしまうでしょう。

冒険もする環境ではない。

だから危機感なんてないでしょうね。

どうせやるならば・・・・・ね。

なりたくても簡単になれない職業ですし、

今から、新設で幼稚園の設立といっても様々な規制があり困難でしょう。

折角ですから、未知の自分に挑戦してみませんか?

誰はダメ・・・

彼はアウト・・・

全国各地、どちらの園の方でも構いません。

勿論、女性でも構いません。

そのような決まりは設けませんが、

ただし、本人の真剣さは必要で、

打たれ強い方ではなくてはなりません。(笑)

インプットだけでなく、

アウトプットできなければ意味がありません。

先代に行け!といわれたからはNGです。

真剣に・・・幼稚園をよりよくしたい先生。

真剣に・・・いい幼稚園理論を構築したい先生。

真剣に・・・人生を豊かにしたい先生。

教育理論を勉強する会ではございませんが、

多くの園長先生にオブザーバーで参加していただいたり、

全国のイケてる幼稚園巡りもしましょう。

時流適応の幼稚園教育経営を研究しましょう。

この指とまれ!!でスタートします。

ご興味ある方はご連絡ください。

2017/06/14

パール幼稚園 【ファンが生まれる幼稚園】預かり保育


待機児童解消・・・・・

この言葉を基盤に国も都も区も時代は保育所一色。

保育士に対する手厚くなりつつある助成。

幼稚園教諭においては全く無し。

保育所に対する驚くような加算額・・・・・

私立幼稚園に対しては現状維持。

もともと私立幼稚園は保育所の10分の1と聞いていたが、

本当に??そのとおりであり。

現在進行形で、その差は大きく開いている。

このままでは、幼稚園教諭のなり手は激変するであろう。

保育所と私立幼稚園の施設、設備面の差も大きく異なるであろう。

株式会社系列の保育所の参入。

地方の学校法人の都内保育所への参入。

施設長任せの預かるだけの保育形態。

それでいいのであろうか?

よって・・・

園児はいるけど、

教員がいないなんて状態も起こりうる。

近年、きちんと保育を教えない施設の出現により、

保育士の力量は想定できるものであったが、

事実、BaBy Pearl Nursery を手がけ、

幼稚園教諭経験者と保育士経験者の

視点や思考、力量の差を痛感している。

さて・・・幼稚園の手がける保育終了後の預かり保育。

パール幼稚園ではアフタークラスといいますが、

その実態は、かなり手の込んだ面白い教育活動の時間。

毎日、毎日、毎日。

日替わりの幼児教育ベースの活動が展開されている。

準備には、これでもかっ!!と時間を費やし、

担当する◯熊◯美・山◯◯◯か先生の

試行錯誤の企画力には、驚かされるものである。

そして、塩◯◯江先生の昭和のおかぁちゃん力は絶対の安心感。

とてもいい時間なのである。

預かってくれればいいですか?

パール幼稚園ができる待機児童対策。

そこに幼児が掴みとるものはありますか?

そんな課題をとことん追求するアフタークラスでありたい。
2017/06/13

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】『和楽』


6月のイメージらしく、

カラフルな傘が雨模様のアクセントとなっています。

少し肌寒さも感じますが体調の変化は気をつけたいもの。

さて、6月・・・結婚式も多い季節となります。

石◯◯子先生の披露宴にお招きいただきました。

当日、受付には『和楽』という言葉が、

色紙にお父様の直筆で書かれた毛筆。

これは、「和やかに、楽しい家庭を築くように・・・」と、

石◯先生のお父様からの想いの詰まったメッセージ。

あるがまま、なるがままを受け入れ楽しむことができる

石◯先生の最大の魅力にぴったりだと思いました。

親族式、海外挙式も流行るなか、

多くのご友人、お世話になった方々を招き、

ほんわかムードの、とても素敵な宴、

いい時間を過ごさせていただきました。

もちろん、ウエディングドレス姿も素敵でした。


2017/06/09

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】梅雨入り??


関東でも梅雨入りをしたのでしょうか?

とはいっても夏日の一日ですね。

ひと昔前までは、6月というと雨の日が多く、

紫陽花やカタツムリ、カエルに傘など・・・

6月特有の制作の教育活動を展開することができました。

近年、難しくなってきましたね。

まず、暑い!梅雨の前に夏日がやってくる。

水遊びオンパレードかな??

近年は、

四季折々の文化が馴染まなくなってきているように思えます。

とはいっても・・・

雨の日も続くでしょう。

園児たちの心をくすぐる話や活動、

絵本のチョイスを研究していきましょう。

そう。

教育は研究です。

特に幼児教育は100%の答えは存在しません。

今日よりも明日。

子どものプラスになることならば、

今を転じ進化させて構わないと考えます。

さぁ、今年も梅雨がやってきます。

雨の日、日本の四季の素晴らしさを

どのように展開させていこうか?

考えて欲しいもの。




2017/06/08

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】師とは・・・


師とは、ありがたい存在です。

この方・・・

昔・・・(笑)

知る人ぞ知る幼稚園業界で一世風靡を起こした先生です。

そう。

私の師であり、敬愛すべき

『つくしの幼稚園 川崎 永先生』です。

私の教育理論はこの先生譲りであって、

勝手に完全コピーできていると思っています。

先ほど・・・お電話をいただきました。

「どうした?とうとう・・・体でも壊したか?」

「ブログが滞ってるから、少し心配してんだぞ??」

「キチンと丁寧に続けなさい」と・・・

キチンと丁寧に!!・・・変わらずに師匠の口癖です。

ありがたいことです。

都内、どこの私立学校も決算時期。

お役所書類・・・帳票提出などに追われているでしょう。

ウチのような弱小法人ならば、専門の事務職がいるわけでもなく。

また、また、BaBy Pearl の開設もあり、

例年とは勝手がチガウ・・・・・

会計士の先生にご指導いただき、

事務の吉澤さん&竹◯◯恵先生の力を借りて

作成に追われています。

お師匠様・・・

ひと段落したら、お伺いさせていただきます。



2017/05/24

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】いつかは


いつかはクラウン・・・・・

昭和の憧れを象徴したキャッチコビーですね。

そんな時代に少年期を過ごした同世代。

ワタクシよりも、

ちょっと年上な方々・・・

海洋冒険家 白石康次郎氏

白水学園 白水剛氏

写真に混ぜてもらえて光栄です。

この方々も・・・

いつかはクラウン!・・・・・

そう夢を抱き、

いつかは・・・を現実にしている方々。

スゴイことです。

いやぁ、いやぁ、感化されます。
2017/05/19

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】言霊


爽やかな陽気になりました。

仕事上での挨拶の交わし方に「お疲れ様〜」と・・・

よく耳にしますが、

ワタクシは「お疲れ様〜」って嫌いなので使いません。

「お疲れ様〜」ではなく、

一日の感謝を持って「ありがとうございます」だと思うのですよ。

何を根拠に「お疲れ様〜」だと言うのでしょうかね??

「園長先生〜おつかれさまデス」などと言われると・・・

たまに「ムカっ」とします。

さて、さて、

みなさんは「ありがとう」という言葉を

一日に?何度、使い?

何度、交わしますか?

そして・・・

みさなんのいる空間は「ありがとう」に溢れていますか?

ペットボトルに「ありがとう」と書き、

一晩おいた水の結晶は美しくなるもと言われていますし、

人間の体の70%は水だともいいますので、

「ありがとうに」満ち溢れた空間で過ごすことは、

よいに違いありませんね。

さて、さて、

このパール幼稚園の空間。

教育実習性や新卒で扉を叩いてくる先生方が口を揃えていいます。

こんなにも「ありがとう」という言葉が飛び交って驚きます!!

って・・・・・

なんだか嬉しいことですね。

ちょっとしたことでも「ありがとう」!!

職場でも、

ご家庭でも、

少し意識するだけでも世界が変わると思いますよ。

「ありがとう」って魔法の言葉なんです。
2017/05/16

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】いつの間にか・・・


最近、思うのです。

何かに打ち込むことが大事になるって。

限界にぶつかり、

小さな自分の殻が破られて初めて

次の世界を感じ取れるようになる。

そのような、

打ち込むという経験をしなかったら、

何にもなりません。

一歩一歩上がれば何でもないのです。

一歩一歩努力すれば、
 
いつの間にか・・・・・
 
気づくのです。

ここまで来たか?って。



2017/05/12

パール幼稚園 【ファンが生まれる幼稚園】視点


大田区の連合会では、

私立幼稚園の教職員の質の向上を図るため

定期的に研修会を開催します。

さて・・・

行かされてる研修。

プラスαで活かされてる研修。

どちらかだと思うのです。

行って学んだ事だけでは、

行かされている研修だと分類しています。

そんな中・・・とある先生の気づきを紹介します。

園長先生おはようございます。

昨日も1日、ありがとうございました。

また、研修も参加させて頂きありがとうございました。

救命法ということて、

“いざ”というときに動く勇気が必要なこと、

そして子どもたちの命を預かる立場、

教諭としての必要最低限の知識を持つことと、

普段から責任や覚悟を持って接するということを

強く再認識でき、大変勉強になりました。

気づきです。

昨日の研修で、

参加人数が過去最高だとお話がありました。

確かにホールに隙間がほぼないような状態でしたが、

それほど密集した状態でも、

なんとなく各幼稚園の集団が目に見え、

カラーがよく出ていると感じました。

服装、髪形、持ち物、話し方、

話し声、座り方、物の置き方、物の取りに行き方…

細かいですが、

そのような所で園の雰囲気、

園風が出るのだと改めて感じました。

どんな場合でも、

個人よりも集団でいる方が好印象を与えるのは難しいと感じますが

(悪印象を与えがちですが)、

逆にそのような集団でいる時こそ、

パール幼稚園の一教諭としての立ち居振舞いができるように、

全員が意識できるようにしたいと感じました。

そのためにも、

普段幼稚園にいるときから、

集団としての品のある動きや

パールらしさを追求し、

洗練させていきたいと思います。

プラスα・・・

欲張りかもしれませんが、

その視点がないと成長はしませんね。


2017/05/09

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】地域振興事業


パール幼稚園では、

地域振興事業の一環として

『0-1CLUB』や『BABY PEARL』という

親子体験型の教室を実施いたしております。

(0歳から9歳までのシングルエイジを対象に
             教育を展開しています。)
さて、さて・・・

この『BABY PEARL』も、

そろそろはじまる頃ですが、

今年は何をしようか?

どんな展開にしていこう?

どんな出逢いがはじまり、

ご縁を育んでいけるのかと・・・

担当の先生方の夢も膨らんでいるようです。

手づくりオモチャをはじめとする

手間暇かけての環境設定の準備。

計画を練っている表情を見ているといいものです。

詳しくは

http://pearl.ac.jp/page.php?mid=5

で・・・ご確認ください。
2017/05/08

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】生活習慣


GWも明けました。

ご家族の時間、リフレッシュできましたでしょうか?

新学期もはじまり1ヶ月が経ち。

年少!いいぞ!!!という雰囲気です。

さて、

幼稚園とは・・・

当たり前のことが、当たり前にできるように習慣づける場所です。

当たり前のこととは・・・基本的生活習慣。

朝、人に会えば「おはようございます」と挨拶を交わします。

人に迷惑をかけてしまったら、「ごめんなさい」と謝ります。

人に親切にされたら、「ありがとうございます」と感謝を伝えます。

引いた椅子は元に戻し。

開けた扉はきちんと閉めます。

そんな・・・ごく普通の当たり前のこと。

幼き頃の習慣が人の性格の一部になります。

習慣・・・・・。

集団での環境が育めることもありますが、

結局は、ママの力が大きく左右するものとなります。

気張らなくていいのですから、

テキトーにしっかりやりましょう。






2017/05/02

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】男子の世界♩


いいねぇ〜男の子っ。

男子たるもの・・・

自分の脳に合った遊びを自然に選ぶといいいます。

男の子って、

生まれつき近くより、

遠くに興味が行く脳の持ち主です。

空を飛んでる鳥が気になったり、

遊んだおもちゃを散らかし放題にし、

こっちのおもちゃ、

あっちのモノと目移りすることもあります。

でも、

これは空間認知力を高めているといいます。

ついつい・・・

「新しいおもちゃを出すなら、今遊んでいるおもちゃをしまってよ!!」

とお母様方は叱りたがりますが・・・

ジャスト・ア・モーメントっ。

ちょっと待ってください。

やりたいようにやらせてください。

これをやると、

男の子の可能性をつぶしてしまうことになりかねないとも言われています。

アレはダメ・・・

コレもダメ。

特に・・・

Nurseryの園児たちをみていてよく思うことです。

テーブルの角が危険だから、

高いところは危ないから、

ぶっかったら怪我をするから・・・・・

なーんにもできなくなっちゃうぞ!!

やりたいようにやらせなさい!!

転んで怪我もしなければ、

危険回避はできなくなります。

そして・・・・・

よく、よく、見かけるシーンであるのが、

年少児や年中児の男の子が見えない敵と戦っているシーン。

見ていると面白いですね。

ひとりで叫んで戦っています。

真剣勝負です。

これは、この空間認知能力のせいだといいます。

この時期だけは、

自分の育成中と思って放っておくのが正しいやり方だそうだ。

どうですか?

女の子であるお母様方には理解不能でしょうね。

異性だから仕方がありません。

どうなの今は???

子どもにとっては成長しにくい時代なのかしら?




こんなネタで久しぶりに『青鬼座談会』を開催します。
詳しくはメールシステムでお知らせいたします。




2017/04/30

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】静寂


休日ですが・・・

ゴタゴタと溜まりつつある仕事を片付けています。

静寂の中の幼稚園もいいものです。

4月も終わり一学期の前半戦も終わりとなります。

様々なことの様子を見る期間でした。

課題もみつかり是正に取り掛かる時期を迎えます。

全ての判断基準をパールの基準に・・・

BaBy Pearl Nurseryを含む学園の新体制。

新卒の染め上げる育成から、

既卒の馴染ませる育成。

パールの常識から世間の非常識。

パールの非!!常識的なものへの理解。

多くの課題が浮き彫りとなっています。

新人が多い年度は競争がはじまります。

よって・・・中堅が煽られてきますので、

危機感が芽生えてもくるものです。

同時にベテラン勢も成長を迎えることとなります。

結果・・・相対的には学園の発展とつながり。

全ては園児たちに還元されることとなる方程式。

『育ち愛』の概念のもとに進みゆくのみ。

ウォーミングアップも終了。

どこまでいけるか?

楽しみでなりません。

休日でも整ったクラス環境。

このようなこともパールの基準のひとつ。

小さな基本の積み重ねが大き力となります。

『ちょっとは大きい』

ちょっとは目に見えませんが、

大きいは目に見えるようになります。

ちょっとが認識できてこそ、

パールの基準が理解できるものでしょう。