2018/04/20

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】担任泣かせ・・・


通常教育活動になり一週間・・・

年少児たち、

慣れてきましたよ。

幼稚園にきたら・・・

上履き履いて・・・

ロッカーにカバンを置いて・・・

身支度して・・・

シール貼って・・・

それから・・・・・。

段々とペースが掴めている園児が増えてきました。

でも・・・

まだ、まだ、集団に馴染めない園児もいますし。

クラス関係なく・・・

とっても自由に活動する園児もいます。

さて、さて・・・

今日のお給食は!!

年少の担任泣かせのカレーライス。

ドロドロ、ベタベタですっ・・・。





そして・・・・・

お給食が終わって・・・

まだ、みんな食べてるのに・・・

クラス飛び出して園内を縦横無尽。

これも、また、担任泣かせ。

そして遠目でみている私は・・・楽しい光景。



2018/04/19

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】すでに・・・


すでに・・・始まっています。

就職戦線異常アリ。

国をあげての保育士確保。

東京へ地方学生を呼び込むための手厚い住宅借り上げ補助。

処遇改善?キャリアアップと・・・

保育士だけが優遇される、

異常な賃金格差。

あそこの利用者はうるさいから・・・
(あなたの姿で保護者と意識してもらいなさい)

あの職場は大変だから・・・
(子どもを育てる場所で楽な場所ってあるのかい?)

あそこ人間関係悪いから・・・
(人との関わりは、あなた自身が築くものだし、
それを教えるのが先生なんだけど・・・)

理由をつけてのスライド転職。

制度が保育をダメにしているのでは???

そしてモチロン、

幼稚園教諭にも、

時流のしわ寄せが到来しています。

異常が通常な時流。

今回、参加した合同就職説明会。
(参加するにも費用がかかる時代です。)

有給休暇◯◯日!

賃金¥◯◯万円!!

◯年勤務するとハワイ旅行!!!

と大きく打ち出している

話のうまーーーい広報専門担当者がいる企業系。

始めから。そこ目当ての学生もいます。

この日の合同説明会・・・

主催者側の発表では、

200名の学生が参加したとのこと。

200人中40人。

我がPearlのブースに立ち寄ってくれました。

待遇、処遇は撃ち出さず、

Pearlの先生としての働き方を伝える機会にしています。
(働き方とは、頑張り方であり、
幼稚園教諭としての生き方だと考えています)

どうですかね?

ハードル高いのでしょうかね?

でもね・・・

誰でもいい採用ではないのです。

私立幼稚園の中では、

園児は確保できているのに・・・

教員確保ができないので、

園児を削減している園もありますが・・・

努力しないと明日は我が身ですね。

2018/04/18

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】22


パール幼稚園期待の星の2年目のひとり。

藤○○○佳先生・・・

本日、誕生日を迎え22歳!!だそうです。

オメデトウございます。

苦しいときも、

辛いときも、

容量オーバーで大変なときも

笑顔を絶やさずに乗り切ってきましたので、

どうです?

パール幼稚園、1、2を争う、

とびっきりの笑顔の持ち主となりました。

これは1年間、努力を続けたので、

21歳の自分から・・・

22歳の自分への最高のプレゼントだと思います。

22歳の自分から・・・

23歳の自分へのプレゼントは何になるのでしょう?

楽しみですね。

みなさま、見かけたら・・・

オメデトウ!と声をかけてみてください。

とびっきりの笑顔が帰ってきます。


2018/04/17

パール幼稚園【ファン生まれる幼稚園】育ち愛の始まりは・・・


年中児たち・・・

やっぱり、少し大人びた表情となってますね。

給食の時間などでも食べる量も、

食べ方も年少児とは断然に違います。

これからの育ちが楽しみです。

幼稚園生活においての年中児の育ちは、

個人的には、一番、興味があり、面白くも思えます。

思いっきり個人差も現れますが、

その集団での育ちが、また、面白いもの。

これこそ、あの子がいるから、うちの子も育つ。

「育ち愛」が展開するのです。

集団において、この意味は重要です。

のび太くんみたいな子もいるでしょう。

スネ夫みたいな子もいます。

皆が憧れる・・・しずかちゃんも。

そして、ジャイアンみたいな子もいますし、

できすぎ君もいます。

色々な子との関わりのから、

大人になり、社会での順応する術を覚えていくのです。

ママはドラえもんのように応援する存在で構いませんが、

四次元ポケットは存在しないことを教える役割もありますね。



2018/04/13

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】やりたいようにやりなさい


徐々に色々なことに慣れてきている年少児。

これでもかっ!というほど時間をかけて手を洗っています。

(ここでも、また、先生は視界にいれておかなければなりません。
ホント・・・何人?教員がいたらいいのでしょう??)

家庭だと・・・

こんなに時間をかけて手を洗っていれないかもしれません。

これも、また、楽しいひととき。

満足して洗い終わったら・・・

「さぶっ・・・」ですって。

微笑ましい限りです。


一方、園庭でも微笑ましい光景が・・・

年中児が年少児を遊びに招き入れています。

これまた、飽きもせずに延々目に見えない線路に沿って、

園庭を運行中なのです。

遠目で会話を読み取っていくと、

楽しそうでいい時間が過ぎています。

4月の園庭の景色は、

やはり新鮮です。




2018/04/12

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】いいお顔


自由にさせています年少児。

泣き顔も、笑顔も、疲れた顔も、いいお顔。

ほんと自由過ぎる??というほど園内を縦横無尽・・・

先生を一人独占してます。

そんな子がひとりやふたりではない・・・

教員が幾らいても足りません。

さて、早くも一週間が過ぎました。

今年の年少児をみていて思うのですが、

決めました。

小まめに個別面談を実施しようと思います。

オイ!オイ!!!

トイレトレーニングできてないじゃない!!

なんて子もいますし。

ワガママすぎる?

我慢が全くできない子もいます。

まぁ・・・

それはそれで構いませんが、

ご家庭でも集団での育ちを認識していただかないと、

先へは進みません。

ですから、

時期をみて、

主任からご連絡させていただきますので、

ご連絡が入ったお母様・・・

共に園での成長を考えていきたく、

面談をさせていただきます。

よろしくお願いします。

ともあれ・・・・・

年長児・・・

この間まで年中児で少し頼りなくもみえていましたが、

やはり・・・今は年長児。

多くの積み重ねが姿となっています。

そして・・・

多くの積み重ねは幼稚園教諭にとっても姿、表情に現れますね。

いい顔です。



2018/04/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】格別に・・・


昨日、今日と・・・

近隣の私立幼稚園では入園式や始業式が多いようですね。

そして・・・

今月末までは午前教育活動が多いようです。

これが普通の私立幼稚園のカリキュラム体制です。

区内重鎮の園長先生方からは、

もう?バスが動いてるのか?とか・・・

私立幼稚園たるもの・・・

子どもの育ちを優先すべく、

そんなに早くから・・・プンプン!

パールが通常活動をしている情報を耳にするらしく、

お叱りのような苦情を申されていますが・・・

子どもの育ちを優先させていから通常の活動を実践しています。

とお答えさせていただいております。

限られた時間で少しでも多くの積み重ねをしていきたく思っています。

そんな思いからのカリキュラムです。

大きくなったら?

どうなりたいのか?

子どもたちに言わせてみれば・・・

年長さんになったら!!

そんな思いも成長を大きく促すものです。

年長児の活動をみつめる・・・

こんな姿も格別です。
2018/04/07

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】入園の日


平成30年度 入園の日。

春の嵐の影響も少なく、

希望に満ちたハレの日を迎えます。

おめでとうございます。

卒園児や在園児弟妹、

パールクラス、

そしてBaBy Pearl Nurseryと見慣れたお顔が並びますが、

今日、この日の園服姿は新鮮です。

はじまりのセレモニーを終え、

卒園式での姿に想いを馳せて、

これからの時の流れが楽しみになります。

ひとつ、ひとつ、集団での生活に馴染むこと・・・

この馴染むことが大切だと思います。

日々の積み重ねで努力することが必要であると身を以て覚えること。

全ての努力が叶う訳ではないと身を以て知ること。

他人に生かされていることを知ること。

生きて行く上で必要な根っこを育んで参りたいと考えます。

それぞれが様々な課題があるでしょう。

式でもお話しさせていただきましたが、

幼児教育の核となるのは家庭での育ち。

卒園児や在園児の保護者の方々は、

よく頷いてご理解いただけているようですが、

第一子の初めて集団に送りだすお母様方も、

徐々にで構いませんので、

ご理解いただきたく存じます。

お母様方も応援させていただきますので、

一緒に育んで参りましょう。
2018/04/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】さくら


冬の寒さが厳しい年の桜の開花は早く咲くといわれています。

今年のソメイヨシノの開花は早く、

もう葉桜になっています。

さくらんぼが実る桜は3月中旬過ぎで例年通りでしたが、

枝垂れ桜と枝垂八重も、例年より2週間早く咲き、

例年、GW前に満開になる八重桜も咲いています。

ソメイヨシノで迎える進級、新入ですが、

今年は3種の桜が、

新しい年度を迎えてくれています。




2018/04/05

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】手間のかかること


教育活動の可視化。

このインデックスと題する記録は、

とても手間も時間もかかります。

通常教育活動では週末にHPで更新し、

慣らし教育活動では毎日の更新。

先生方の大きな負担となることも承知していますが、

ひきつる顔している先生方を横目に、

8年ぐらい前より強引に・・・導入しました。

クラス運営の様子、

教育活動への共感をいただきたく実践しています。

写真が悪いとか・・・

ウチの子が写っていないとか・・・

ご意見もいただくようですが、

プロの写真家でもありませんし、

写真を上手に撮影することを目的としているのではありません。

教育課程においての義務でもないことなので、

目的が異なってしまうのであれば廃止した方がいいとも考えます。

このインデックスを題材にして、

ご家庭において、

母と子の楽しいおしゃべりのひととき、

プラス発想で!!

いい時間を過ごしていただきたいのです。

今年度も先生方が写真を撮りためて作成して行く予定ですので、

お楽しみいただければと存じます。

あっ・・・

でも、

「先生!ありがとうございます!」

「楽し見ました!!」

このような嬉しくなるような

声を沢山いただけるので続けていけるのです。

いつも、ご声援をありがとうございます。


他園の園長先生方へ
ウチも!!と導入するのもいいですが・・・
かなり大変な仕事量となりますので、
それなりの覚悟を持って導入しないと続きませんし、
不満が爆発する可能性があることもご承知のうえ挑んでください。
それでね、真似てやったら、やったで、
結果くらいは教えてくださいね。





2018/04/04

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】最初の・・・


最初の・・・が、はじまりましたね。

家庭とは違う環境。

家庭とは違う時間。

しかし・・・

パールクラスでの時間は大きな影響となっていることが理解できます。

納得が行けば・・・

何でもできる習慣が身についています。

また、また、

それ以上にBaBy Pearl Nurseryの通年はもっと大きいと実感。

涙する子につられれ涙・・・

という様子も伺えるようですが・・・

気持ちを込めて泣きなさい!

なんてジョークも投げかけてくなるシーンもあります。

まだ、まだ、これから。

新入園児保護者会でもお話をさせていただきましたが、

ミクロの視点とマクロの視点。

集団でのマクロの視点が幼稚園教育に大きく成果をもたらすもの。

ミクロの視点を重視するのであれば、

どうぞ、ミクロを重視する施設へおいでください。

パール幼稚園の掲げる『育ち愛』には、

マクロの視点が大切な鍵となるのです。

理解していただける方々と、

一緒になって、いいドラマを創造して行きたいのもです。
2018/04/02

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】人生初


今年度も始まりました。

そして・・・

人生においてたった一度きりのリセットの一日。

これまでの栄光も失敗も関係な苦なる日。

ここからが、人生を豊かにするための最初の一日。

幼稚園教諭としての一歩を踏み出した日。

2人の若き幼稚園教諭にエールを送りたと思います。


2018/04/01

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】Pearl Moodmaker's2018'

いよいよ最後の平成時代の年度がスタートしようとしています。

学園運営においての未来構図のパズル。

多様なピースはあっても、

なかなか当てはまらなく、

人事配置には随分と頭を悩ましました。

でも、これがベストです。

あっという間の1年間だと思いますが・・・

応援のほどよろしくお願い申し上げます。

幼稚園は人育ての場。

『育ち愛』

このことを深くご理解いただき、

一緒に前進していただければと存じます。

お待たせいたしました。

平成30年度の人事配置のお知らせです。

尚、この動画は期間限定とさせていただきます。

2018/03/30

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】いよいよ


世の中に起こりうる出来事は、

自分にとって、

何かを教えるために、

全て必要な出来事であり、

自分を高めるために必然なことであり、

ベストに変える努力をしなければならない。

今年度の方針発表会議の冒頭で伝えた言葉です。

この意味を落とし込まないと・・・

パール幼稚園では輝くことができません。

いよいよスタートします。

ベストを導くために進みたいと思います。
2018/03/28

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】どう感じるか?


春の風物詩である。

人財化セミナー(S・Yワークス)

東京ビックサイトの会場は600人が埋め尽くす熱気。

半分が幼稚園教諭、半分は各業種の若者達。

18年続く、このセミナー。

私が初参加したのは18年前。

10年近く前にシフトチェンジして・・・

そして今年から・・・

ファイナルギアへ向けての加速した感じました。

人は見たいよいうに見て、

聞きたいようにしか聞こえません。

見ようとしなければ見えなし、

聞こうとしなければ聞こえない。

この会場の中の若者も、

それぞれの経験値、環境によって、

聞こえてくる言葉は表情を変えるもの。

石の上にも3年。

水の中にも8年。

木の上からは10年。

この意味がわからないと・・・

わからないでしょう。

綺麗なものを綺麗と気づき、想えること・・・


2018/03/26

パール幼稚園【ファンが生まる幼稚園】Pearl Primary Clubのチカラ


Primary Club では、

1年の集大成ともいえる生活の発表の場。

「今日限りの音楽会」

今年も開催することができました。

なぜ・・・「今日限り・・・」かと申しますと。

まず・・・

児童の自主性がなければ成り立たない。

そして・・・

指導者のやる気と技術が伴わなければ成り立たない。

また・・・児童数によっては成り立たない。

そんな・・・生活の発表の場であるからです。

穏やかな週末。

多くのご家族の方々に囲まれて。

少し恥ずかしげに・・・

内なる自信を秘めての挑戦。

見事なものでしたね。


みんなを導いてきてくれた、

最上級生の最後の日でもありました。

児童たちの力の総力。

とっておきの一日でしたね。

また、来年もできるといいですね。


2018/03/21

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】新しい季節


平成30年度 方針発表会議が開催されています。

一年一度の心を整える日です。

今日一日の話で、

何とかなるような楽な仕事ではありません。

でもね・・・・・

時間をかけてでも、

何とかしなければならないことは、

何とかしなければならないのです。

さぁ、平成の時代、

最後の年度がスタートします。


2018/03/19

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ありがとうございました。




この3人の新人教諭たち。

1年間、

やりきったことに大きな評価をしたいと思います。

平成29年度の新卒者においては、

幼稚園、保育所合わせ

途中ドロップアウト2名でした。

保育所に関しては、

パールのスピード感についてこれず、

既卒採用者は3名、ほぼ全滅。

平成30年度内定者においては、

研修期間中、

早くもドロップアウト1名、

内定取り消し1名となっています。

近年の若者の傾向として、

続けられない方が多いですね。

また、新卒者も既卒者も、

根拠のない自信があるようで、

実際に働いてみると・・・

通用しない自分を受け入れることができない。

そして、ドロップアウト。

そのような方が多いです。

自信は、ゴールまで登りきって、

途中の眺めや、頂上の景色をみてから

理解できると思うのですが・・・

何だか判断が違うのですね。

いい幼稚園を創るには、

同じ方向へ向かい努力してくれる方々が必要です。

これは、教員であっても保護者であっても同じことです。

同じ方向でない人々や、

園を理解できない人がいても、

園はよくなりませんから、

園児は幸せにはなりません。

仕事をすることは義務ではないし、

幼児教育も義務教育ではないですからね。

想いが異なるのであれば、

想いの近い場所を探して、

移った方がいいと考えます。

それが私学。

保育所のように利用者と位置付けている訳でもありませんし、

保護者と敬意を払い園運営をしています。

利用者感覚が多い園は、

離職率も多いという統計もあるようです。

ですから、

保護者意識の高い園には、

いい先生も多いようです。

1年間。

若き担任の先生方が努力して来れたのは、

保護者の方々の応援があってものこです。

ありがとうございました。


2018/03/17

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】終了証書授与式



平成29年度 終了証書授与式 

とっておきのハレの日です。

花道を歩き、

終了証書を受け取るまでの姿は、

ひとつひとつ確認し、

一歩、一歩、勇気を持って挑む姿でした。

卒園児保護者の方々には、

たくさんのご協力をいただき、

3年間の教育活動を実践できましたこと、

心より感謝申し上げます。

15年、10年に渡りご縁を育み、

結んでいただけました。

また、卒園児という保護者の方々も多く、

いらっしゃいます。

たくさんの励ましのお声も頂戴できた学年でして、

多くの想い入れがございます。





以下の詩は、

能力開発研究家 

ウェイトリーという人の詩です。



『子供の話に耳を傾けよう

今日、少し

あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

今日、聞いてあげよう、

あなたがどんなに忙しくても。

さもないと、

いつか子供は年老いたあなたの話を聞こうとしなくなる。


子供の悩みや要求を聞いてあげよう。

どんな些細な勝利の話も、

どんなにささやかな行いも褒めてあげよう。

おしゃべりを我慢して聞き、

一緒に大笑いしてあげよう。

子供に何があったのか、

何を求めているのかを見つめてあげよう。

そして言ってあげよう、

愛していると。

毎晩毎晩。

叱った後は必ず抱きしめてやり、

「大丈夫だ」と言ってやろう。


子供の悪い点ばかりあげつらっていると、

そうなってほしくないような人間になってしまう。

だが、同じ家族の一員なのが誇らしいと言ってやれば、

子供は自分を成功者だと思って育つ。


今日、少し

あなたの子供が言おうとしていることに耳を傾けよう。


今日、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。

そうすれば、

子供もあなたの年老いた、

過去の栄光に耳を傾けるために

あなたの元に、戻ってくるだろう。』





背中を押してあげれば・・・・・

何でもできる子どもたちです。

積み重ねてきた習慣が自信となっていることでしょう。

どうぞ、

お母様方・・・

これからも張り切って参りましょう。

きっと・・・

いいことあります。
2018/03/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】キリリっ!


こちら、Primary Club の児童たち。

例年、3月末に開催される「この日だけの音楽会」。

毎年のようにお伝えしていますが、

来年は開催するかは、お約束できません。

蔭○先生のアンサンブルの譜面・・・・・

手強く、高度です。

でも、コツコツと積み上げてきています。

自分たちで曲を選曲し、斉唱も2曲選曲。

児童たちの自主的なヤル気もスゴイですが、

山○○子先生の熱意もスゴイ。

この先生・・・

3年というキャリアになりますが、

この先生は、

パールの扉を叩くまで、

全くのピアノは弾けず・・・

音楽指導なんてことにも無縁。

それが・・・どうですか。

ピアノの伴奏もマスターし、

児童への指導方法もマスターし、

Primary Club をつくりあげています。

全員揃っての練習は、

実現しませんが、

今日の練習もいい感じです。

そりゃそうだ・・・

児童のみつめる先の・・・

この表情をみてくださいよ。









パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】和気藹々


年長児・・・

みんなで行く最後の小旅行。

花粉飛び散る中(松○先生も引き連れて)

動物ランド??へ行ってまいりました。

まぁーーーっ引率が楽チンだこと。

3年間の積み重ねが、

このような場面でも伺えることが沢山あります。

自分のことは自分で行い。

他の方々がいるときには、

お先にどうそ・・・と道を譲り。

動物の説明書きがあれば、声に出して読み。

何ともいい時間を過ごすことができました。

いい時間・・・

和気藹々・・・

この学年の園児たちの集団での特徴ですね。



2018/03/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】教え・・・


日常は非日常のためにある。

あの日の経験から心に留めていることです。

日本人という民族の強さ、

日本人としての誇り。

このようなことも日常から考えるようになりました。

今日、この日、

多くのことに祈りを捧げることとします。

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】中間ゴール


新人研修&フォローアップ研修&マネジメント研修の最終日。

よーいドンで始まる新人研修。

いわゆる、いい先生になるためのゲートが開きます。

今日、この日は、ある意味での中間ゴールです。

これで最後ではありません。

ある意味、これからの中間ゴールです。

本日の目玉は・・・未来予想図の構築。

少しギミックなチャートも活用しますが、

基本の思考が大切になります。

さぁ、

これで大体の人事案も思いつきました。

全ての先生方の思い通りの人事配置ではないでしょう。

これも・・・

ミクロの視点とマクロの視点。
2018/03/07

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】園だより



月末になると・・・

ガタン・ガタンと印刷機が鳴り響きます。

毎月、A3用紙の平均7500枚のカラー印刷。

ひと昔前から比べてみても、

とても綺麗な発色で技術の進歩が実感できます。

さて、毎月発行している、

園だより「ぽかぽか」。

今月を持ちまして、

紙媒体での発行は最後とさせていただきます。

時代の流れとともに、

デジタル化?

ペーバーレス?

などが主流になっています。

紙媒体の良さも十分に理解出ていますが、

この・・・園だより「ぽかぽか」、

今月号を持ちまして、

紙媒体での発刊は終了とさせていただき、

現行のインデックスプリント同様に、

平成30年4月よりHPにて、

ご確認いただけるように準備を進めています。

デジタル化だか?

パーパーレス化だか?

言葉の表現はわかりませんが、

PC、スマホなどでご確認いただけるようになります。

園だよりを冊子化にしてから・・・

多分?20年。

作成にかける想いや、

それにまつわる秘話や笑い話(苦労話)は多くあります。

巻頭に投稿している、

私の粗末な文書もかなりの原稿の量となっています。

本にしてみたらどうだ?などと・・・

多くの保護者の方々に声もかけられますが、

それなりに忙しいことを理由に・・・

投稿できない月もあり、

一体?何回?投稿できていないのであろう?と・・・

暇な時にでも数えて見ることにします。

そんな・・・紙媒体では、

最終巻となる園だより『ぽかぽか』ですが、

ナント!今月も投稿できず・・・となっております。





2018/03/05

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】諸々と・・・


この指止まれ・・・で開催し始めた若手の育成勉強会。

『園風開化の会』などとネーミングがついてます。

全国各地から30名あまりの

若き先生方にご参加いただいております。

入会資格としては、

向上心と意欲のある方で・・・

40歳以下限定の捻くれてない方。

アウトプット前提のインプットできる方で、

いいとこ取り狙いはNGで、

2回連続休んだ場合は退会。

基本、必ず懇親会まで参加すること。

今回は・・・ビックゲスト。

白水学園 理事長 白水剛先生にも、

オブザーバー参加いただき、

発表者の3人の先生がたも、

緊張しながら、

多分??

充実した時間となったのではないでしょうか。

そして・・・

内定者研修&フォローアップ研修

今回は・・・

石○○子先生と宮○○衣先生の講義。

実は・・・この2人。

それぞれ3年目くらいから、

先生方の研修時にコマを与えていますので、

毎回、思考を巡らし、

取り組んでもらっているのです。

ですから、

この2人のマネージャーの先生方の学びは、

アウトプット前提のインプットになっていることが多く、

パール幼稚園園長野村良司の

幼稚園理論&人財育成の理解を重ねているのです。

やっぱり・・・伸びるワケですし、

マネージャーになるべくして、

その座を掴みとった先生方です。

この2人の姿に何を学ぶのか・・・

フォローアップ研修での・・・

「ねらい」となりますが、

そのような意図に気づいている先生は、

いい感性ですね。

まぁ、気づきにも反映させない先生もいるので、

ここで大きく差が開くことは確かなこと。

研修や学びの場においては、

参加する目的と参加後の目標。

そして・・・

「あなたのために話すから、

あなたも私の話を理解してね。」

そのような時間になること。

これがとても大切になるのです。

学びは48時間以内に反映しないと身にならない。

これはリアルなことなのです。
2018/03/03

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】UTABUTAI


UTABUTAI・・・・・

今年も終了しました。

みなさま、ありがとうございました。

今年は講師にとって最後のUTABUTAIでもあり、

今年は思い入れも強く。

1回目からのUTABUTAIを振り返りながら臨みました。

昨日は、各学年のカラー、

年少は・・・この成長。

年中は・・・この成長。

年長は・・・この成長。

そして継続具合・・・。

育ちも・・・・・

お楽しみいただけたのではないかと思います。

UTABUTAIは音舞台と違う心の打たれ方があるもの。

ぽぉーーーっとして終わるイメージが強いのですが、

その余韻は、翌日も続くものではないでしょうか。

それにしても会場を包み込む大きな拍手が・・・

年長児の歌声に拍車をかけることになっていることも、

アンコールに答える歌声から・・・

お感じとりいただけたのではないでしょうか。

人は・・・誰かに喜ばれるために生きていく。

子どもたちの姿から学ぶべきことは多いものです。







2018/03/01

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】仕込み&リハ


今朝の雨は凄かったですね。

楽器の運搬、搬入ができるか心配でした。

やっぱり、アプリコの大ホールは広いです。

舞台裏の奥行きにも驚きます。


オケピットの設置も椅子を外したりと・・・

かなりの時間がかかるのです。

年長児が会場に到着し、

衣装に着替えやすいように背の順に並べて起きます。


リハの写真をお見せしてしまうと・・・

明日の楽しみが減ってしまいますので掲載はしませんが、

緊張が隠せない子、

いつも通りの子、

それぞれが受け入れ合って学年のカラーとなります。

明日、楽しみにしていてください。

仕込みは、

まだ、まだ、午後10時ギリギリまで続きます。
2018/02/28

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】オケリハ


オケリハが開始!

今年も楽しい舞台になりそうです。

しかし・・・生音は迫力が違います。

心が射抜かれますね。

子どもたちの歌ごえに華を添えてくれるでしょう。


2018/02/27

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚】予告編

https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=OW9bD4BYonY

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】URABUTAI-2


担任の瞳に映る姿は・・・

園児たちの成長です。

UTABUTAIを目前に控える頃。


各学年の園児たちは1年の積み重ねが姿となります。

ピリっリとリハリハの最中なんて、

返事ひとつで成長を伺うことができます。


特に・・・

この頃の年中児の姿は、

嬉しくなるほどに成長を感じます。

返事や歌声でもバッチリと感じることができるのです。



どうですか?

この表情。

楽しそうな姿が何よりの証拠。


一方・・・

ピアノが苦手な新人も・・・

自分できることは伴奏と定め、

懸命に取り組んでいます。

毎日、毎日、仕事を終えてから、

練習を積み重ね。

悔し涙を流しながら取り組んでいます。

そのような担任の姿も・・・

園児の成長に繋がりますね。