2019/08/19

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】エヴァ的視点



1週間のお休みをいただきましたが、

今日から、いつものように幼稚園となり、

夏期の預かり後半戦スタートというところでしょうか。

今日から、

また、幼稚園には園児たちの声が響わたり、

嬉しくなります。

幼稚園は、こうでなくてはなりませんね。

夏期の預かりも、

一日・・・大体80名以上の園児たちで賑わい、

全ての日程でも定員で一杯。

今年の夏の預かりは人数が多い・・・

このことを聞いた時には、

わたくしは、

幼稚園に来てくれるんだね〜

キッズ・・・なんとかというような、

子どもを一時預かりで預かるところが多くあるにも関わらず、

幼稚園がいいと思ってくれるんだ。

有り難く、嬉しいことだ。

と受け止めましたが・・・

人数が多い = 休みが少なくなる = 大変

と受け止めた先生もいるのではないか・・・

いやいや、そのように思う先生は一人もいない!!

と思うことも断言できずに恥ずかしくも思います。

「今年の夏の預かりは人数が多い・・・」と

口にした者が、

私の視点と異なることが分かる言い回しでしたので、

それが思いの連鎖を芽生えさせてしまうものだとも

強く感じました。

私の言葉、想いがきちんと伝わる

ポケトークのような翻訳機が欲しい。

伝わらない・・・

違う解釈をしている・・・

近頃、よく思います。

まぁ、他の園様より、マシなのでしょうけれど。

マクロな善人間を目指すこと・・・

時代は大きな転換点を迎えようとしています。

これまでは「思い」が強ければ実現してしまうこともありましたが、

これからは「本当によい思い」しか、

実現しない世の中になっていくように思われます。

ですから、「いまだけ、お金だけ、自分だけ」

というエゴ的な生き方は早いうちに卒業し、

もっとマクロなエヴァ的視点を持って生きる必要があると思います。

一般的に我々は、自分中心に、

そして現在を中心に生きることからスタートします。

そこから様々な経験を積み、

人間的にも成長していくにつれて、

多くの周辺人物のことも考えに入れ、

さらには将来のことも考え、

生きることができるようになっていくものでしょう。

現実に生きることももちろん大事ですが、

そのために、将来に悔いを残すようなことをしてはなりません。

学園という職場が「人間性を高めるための学校」であるとすれば、

まず自分のエゴを抑え、他者のエゴを認め、

そしてそれらのエゴを調和させる努力をする

クセづけをする場ということになります。

何のために働くのか?

先生方には、いつもお伝えしていることですが、

知らず知らずのうちに生活のためが第一になっているのであれば、

気付いた時に、自分がみすぼらしくならないように、

負のスパイラルを断ち切らないとなりませんね。





2019/08/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】お盆でも・・・



幼稚園の先生方は、まとまって夏休みを頂戴しておりますが、

Pearl Nursery School と BaBy Pearl Nursery は、

先生方は交代で休んでいますが・・・

コツコツと通常のようにやってます。

Pearl Nursery School と BaBy Pearl Nursery

自由契約と区からの応諾の違いもあり、

保育カリキュラムや、色々なことが異なっています。

Pearl Nursery School は、

ご覧のように少数登園ですが、

BaBy Pearl Nursery は、

ほぼ8割登園。

今日も Pearl Nursery School の園児たちは、

園庭の貸切。

園庭の貸切ですから・・・

この園児たちの視点では狭い園庭も・・・

とっても広く感じることでしょう。

一つの特権ですね。

夕暮れどきにチョコンとデッキに腰掛ける姿・・・

とってもキュートです。

この園児たち・・・

大きく育って来ています。

スプーンやフォークを持ち、

上手に口へ運ぶことも4月の様子と格段に大きくなってます。

また、また、10月の FESTA での姿が楽しみですね。

一段と大きくなっていることでしょう。

5年教育活動への繋がり・・・

とても楽しみです。





2019/08/14

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】子育て


気づけば立秋も過ぎてお盆デス。

暦の上では、秋を迎えトァケですから、

これからの暑さは残暑・・・。

上越では40度を超えたとか・・・

【子育て四訓】というものがあります。

・ 乳児はしっかり肌を離すな。
・ 幼児は肌を離せ手を離すな。
・ 少年は手を離せ目を離すな。
・ 青年は目を離せ心を離すな。

【子育てに関する格言】もあります。

三つ心 六つ躾 九つ言葉 十二文(章) 十五理で 末決まる

しっかり抱いて 下に降ろして 歩かせる

三つ子の魂百までも

可愛くば 二つ叱りて 三つほめ 五つ教えて良き人にせよ


幕末の江戸を訪れたイギリス人駐日公使オール・コックは、

江戸の街角で父親が子守をする「ありふれた光景」に驚いたと言います。
          
当時の子育て書はもっぱら男性向け。

一方で妻や嫁の心得を示した「女訓書」の中には

母親の子育てに関する言及はな買ったようです。

明治以降なのでしょう。

富国強兵のために「男らしさ」や「母性」が強調されたのは・・・

イザベラ・バードという日本奥地紀行という日本を紹介する書物を

執筆、編集した肩が・・・こう言います。

「私はこれほど自分の子どもに喜びをおぼえる人々を見たことがない。

子どもを抱いたり背負ったり、歩くときは手を取り、

子どもの遊戯を見つめたりそれに加わったり、

絶えず新しい玩具をくれてやり、

野遊びや祭りに連れて行き、

子どもがいないとしんから満足することがない。

他人の子どもにもそれなりの注意と愛情を注ぐ。

父も母も自分の子どもに誇りを持っている。

毎朝6時頃、

大勢の男たちが低い塀に腰を下ろして、

それぞれ自分の腕に2歳にもならぬ子どもを抱いて、

可愛がったり、一緒に遊んだり、

自分の子どもの体格と知恵を

見せびらかしているのを見ていると大変面白い。

その様子から判断すると、

この朝の集まりでは、

子どもが主な話題となっているらしい・・・」と

話が変わりますが・・・

わたくし、10年以上、

大田区の要保護児対策委員をやってますが、

増えてるんです。

児童相談所への通報と相談案件が・・・

地域で取り組む子育てでなくなってしまってますからね。

子育て四訓&子育て格言

頭の片隅にでも入れておいてください。








2019/08/12

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】和み


昭和55年頃のパール幼稚園の園舎です。

「和」をもって発展していた昭和の時代。

時代と歴史を感じます。

この頃の日本特有の建築でしょう。

日本は、2600年以上も続いている世界一、

歴史が古い大和の国なのです。

日本人特有の「恥の文化」というものがあります。

キリスト教などの一神教には、

「恥」の文化は無く、

神との約束を破ると「罪」とされている

「罪の文化」があるのです。

「八百万の神」の多神教の日本人の文化には、

多くの神様が見ていて、

自分の悪行が人に知られたら、

それは、神様だけでは無く、

親や先祖や家に対し大変恥ずかしい事で、

その結果、

時には死さえ厭わないという

「恥の文化」があったのです。

日本では、

子どもの頃から人様が嫌がる事はしてはいけないと教わり、

周りの事を考えて行動するといった考えが根付いています。

「お天道様に顔向けできる生き方をしなさい」

「お天道様に申し訳ない」

このような言葉で教えられたものです。

例えば、非常時・・・

日本人は商店などで、

破壊し略奪するという人は大変少なく、

協力し合う事が多いものです。

これは集団生活をする中で「個」ではなく、

「和」を大切にし、

お互いの思いやりを持つ事が、

いかに大切であるかと言う事が現れています。

日本は島国であったのと、

天皇家があったので2000年以上掛けて、

この「恥の文化」「和の文化」を作り上げてきたようです。

「恥」の心からは、

「美徳」や「深い思いやり」が芽生えます。

ですから「恥の文化」の無い、

世界の国々は、

「亡ぼしの歴史」を歩んできたのかもしれません。

この「恥の文化」が無くなると、どうなるのでしょう。

犯罪が増え流でしょう。

家庭は機能を果たさなくなるでしょう。

会社にも、使命感が無くなり、

たお金だけの為に集まる自分勝手に生きるという組織になるでしょう。

学校も学びの場ではなく、

サービスが主体となる組織になるでしょう。

ただ勝てば良い、

他より勝れば良いということが、

当たり前基準になってしまうでしょう。

日本にはコンビニの数より多い「神社」が8万もあるのです。

この数はコンビニより多いのです。

なぜ?日本人は初詣にいくのでしょうか。

日常、神社などには足を運ばないのに・・・。

これは、先祖からの伝承を大切にすると、

心が和むからなのではないでしょうか。

 残念ながら、

現代の日本人の心は「和」から「個」へ

変化しきていると思うことが多くなっています。

これは、とても危険なことだと思うのです。

インターネットやSNSでの不平不満や他者批判。

和み・・・協調を忘れ、個人を強調。

「和」があっての生活のフィールドであり、






2019/08/09

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ツキ


チャンスはつかむものといわれますが、

わたくしは、チャンスは与えられるものと捉えています。

常日頃の自分の行動は見られているもので、

その行動を認めていただき、

チャンスというカタチで目の前にやってきます。

ですからチャンスはつかむものかもしれませんが、

実は与えられていると思うのです。

そして・・・ツキ

ツキを引き寄せるのに、

効果的なものは「自分はツイている」と思い込むことらしいです。

まずは、「自分はツイている」「自分はツクだろう」と、

常にプラス発想でいるクセづけを心がけることは大切だと思います。

わるい出来事など、

無視するに限ります。笑

もちろん現実にはどう考えてもツイていないと思えるときもあるでしょう。

そんなときも、

「ありがたい。これを乗り切るとまた一つ成長できるはずだ」と、

逆に感謝すべき心がツキをもたらすものです。

「自分がツイている」とプラス発想するクセづけは、

多くの経営者にとって極意といってもよいでしょう。

組織も人間も、「自分はツイている」と心から思えば、

本当にそうなってしまうものらしいです。

どうやって「ツイている」と確信するためにも、

基本的にすべての事象には固有の波動があります。

もちろん思いもそうです。

波動には、優位の波動と劣位の波動がありますが、

前者は後者を包み込み、

なおかつコントロールしてしまいます。

ここがポイントです。

難しいですね。

A or B ではなく

A + B = C なのです。

ここでいう優位の波動とは、

すべてのものを受け入れ、

好きになり、

こだわらないということ。

反対に、エゴが強く、好き嫌いが激しいと、

劣位の波動になってしまいます。

優位の波動を持てば、

わるいツキも吹き飛ばしてしまうということです。

すなわち、「ツイていると思いこむと、ツキ始める」というのは、

まさに思いの波動の効果なのだと考えています。

まずは、やってみる!!

大切な一歩でしょう。

2019/08/07

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】時代が変われど・・・


多くの大学の先生に聞かされていたことがあります。

近頃の学校説明会には親が!!ついてくる・・・。

そして学校説明会もオープンキャンパスと名称を変えている。

昨晩、娘から・・・

「ねぇ・・・明日、

○大の○学部のオープンキャンパスがありますが、

一緒に行ってください・・・」

我が家の娘はお願い事は丁寧に頼んできます。笑・・・

僕も一人の親バカですから・・・

いいよ・・・と。

まぁ〜なんてことでしょう。

模擬授業も面白く、

オープンンキャンパスの運営自体、

学校側が主体だが学生の関わりが多くあり、

運営側として参加している姿が

とても勉強になったこと。

『愛校心』・・・・・

やっぱり私立学校には大切ですね。

新制度、無償化が始まると・・・

この『愛校心』というものが入園基準の鍵となるのでしょう。

サービスを求める人が増え、

理想とする教育の実践どころでは無くなりますね。

時代は変われど『愛校心』大切なことだと思いました。

まぁ、でも、模擬授業は面白かったな・・・

そして・・・反省、後悔。

まるちゃんが幼稚園にくるんだった・・・



スクスク大きくなってますね。




2019/08/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】日本人・・・


あちーーーーーと、

あちらこちらで聞こえてきますね。

園庭でもセミが合唱を始めました。

ミンミンゼミにアブラゼミ・・・

これも夏の風物詩。

そして・・・

パール幼稚園の夏の風物詩といえば・・・

改修工事。

毎年、毎年、あちらこちらに手を加えています。

よく、改修するね??

なんて、他園の園長先生には言われます。

他園さまのように溜め込んではませんから・・・

園児たちが、

より快適に過過ごせるように設備投資です。

園舎みたいな建物は、

使わなかったり、

掃除や改修を行って行かなければ、

すぐに老朽化してしまいます。

空間に命を吹き込むには人の手が必要。

使う、綺麗にするが基本です。

ここらの意識は、

無意識に日本人としてDNAに刻み込まれていることかもしれません。

そして職人さんたちの丁寧さ・・・

これは最近は?

どうなのでしょう??

修行を積んで職人さんになるというより、

現場で習得する職人さんが増えてきていると思いますが・・・

お職人様文化・・・

これも日本人の特徴でしょうね。