2018/10/19

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】幼稚園教諭の地位向上



幼稚園教諭の地位向上のため、

一日一回の投票にご協力ください。

投票は下記より
https://women-award.jp/company-2018/5724/?fbclid=IwAR0lZWJ6TADrh1TW3caufv5C87SkCL9YzAq-dWp1wPBe2e6glDLHDiD9QQ8

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】5年教育活動


BaBy Pearl Nursery

「保育でなく幼児教育の実践を・・・」

パール幼稚園がPearlとしての新たな挑戦が始まりました。

基本、認可保育所と同等なので、

区からの応諾により園児が入園となります。

ですから、BaBy Pearl Nursery を希望していない方も

いらっしゃるので、

外部と内部・・・

保育経験者はPearlのスピード感についてこれないなど、

人事に苦戦しながらも18ヶ月。

今や完全に軌道に乗ることができました。

開設当初からの高○○帆先生と、

Pearl での20年のキャリアを積み重ねてきた

岡○○鶴先生の努力の結果が現れています。

それにしても1年経った2歳児の成長と、

驚くほどのスピードで吸収する1歳児の成長は嬉しいものです。

Pearl Nursery School の開所も控え準備を進めていますが、

5年教育活動への挑戦、研究、研鑽は、

次世代の幼稚園の世界おいて主流になることでしょう。

時代の異端児が次世代の最先端・・・なんていわれますが、

この5年教育の研究ノウハウは大きな財産となるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Pearl Nursery School の開所は3月に決まりました。

まずは、3月、1歳児のみのスタートとなり、

4月からは新たに1歳児が仲間に加わり、

1歳児、2歳児が揃うということになります。

今月末にホームページがOPENしますので、

ご興味のある方はご検討くだされば幸いです。

幼稚園受付においてもパンフレットもご用意いたします。

2018/10/18

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】後押し


年長児のスクールバス待ちの光景・・・

リーダーシップって、

男子の憧れの象徴ですね。

女子のリーダーシップリーダーシップとは少し異なる気がします。

男子は、みんなレッドに憧れます。

さすがに年長児にもなると、

園庭遊びにおいては、みんなレッドとはいかず。

遊びの中でも役割というか・・・

人付き合いのポジションを理解し遊びを展開しています。

さて、さて、

おかえりの放送が入り、

各自、身支度を整えてスクールバス待ちの場所へ向かいます。

「先生〜みせて、貸して」とスクールバス搭乗表をジィーーぃっと。

この時、毎日の先生の点呼の声を思い浮かべながら、

文字を追って、

きっと頭がフル回転何だろうなと・・・・・。

時間に余裕があった時は点呼を経験させてあげることにしましょう。

そのような後押し見逃さないように。
2018/10/17

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】準備はいいかい?


2008年の音舞台を終えたとき、

保護者の方からいただいた手作りカードです。

あまりにも嬉しくて・・・

今でも1F廊下の飾らせていただいております。

最新の音舞台が最良の音舞台・・・である。

毎年、毎年、このことを胸に秘めて挑んでいます。

夏季の園内教員研修において、

過去の記録動画と最新の記録動画を比べてみても、

完成度の違いは一目瞭然。

耳を疑うこともなく理解できます。

その完成度は園児たちの能力ではなく、

私たち・・・

パール幼稚園の実践する教育技術、

担任たちの導きが磨かれているのです。

昨日、先生方に『音舞台2018』の曲目の発表をし、

各クラス担任に譜面を手渡しました。

来週くらいから導入が始まり、

再来週から本格的に約4週間18回の練習が始まります。

数で数えると・・焦りますね。笑

さぁ!

「音楽を教えるのではなく、音楽で教える」

いよいよ・・・育ちの加速装置が発動します。
2018/10/16

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】園庭より

園庭より・・・

ひと雨ごとに秋も深まります。

欅の木は、すっかり茶色に色づき、

園庭は秋模様。

すると・・・ままごと遊びも秋バージョン。

枯葉をふりかけ・・・

何に見立てているのでしょう。

子どもの発想は限りないですね。


こちらは・・・

みんなで共同作業。

遊びは経験豊かな年上がリーダーシップを発揮します。

遊びの内容も、場の仕切り方も、憧れになるんです。


こちらは、こちらで、年少児。

一緒に遊んでいるようで、一緒ではない特有な風景。

会話の流れもチグハグでいい感じ。


こちらは・・・オンステージ。

何やら・・・披露していますが。

私と目が合った瞬間・・・ニヤッとね。


寝転ぶも楽し。

男子の大好きなヒーローごっこ。

この手の遊びはね・・・痛いんです。

痛い思いが嫌なら、やらないことです。


なぁーんだよ!!

ぼくが使ってるのに・・・

なんてシーンは、

あちら、こちらで見かけます。

自分たちで解決しよう!!

園庭は、これが鉄則。

2018/10/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】行事後・・・


行事後の時間は大切だと考えています。

通常の何倍もの効果が期待されます。

団結、自己努力・・・

行事の過程での学びは、

結果後に活きるものだと考えています。

そして、次の目標となるのは『音舞台』。

本日は、『音あそび』で講師の先生と白熱会議。

大体の曲の編成は決まっているようでして、

そこは・・・ちょっとと思うところもあり、

これまた、意見が・・・

ぶつかり会います。

しかし・・・講師の先生の天才っぷりには脱帽します。

そこは・・・マーチで。

ここは・・・ラテンで。

まぁ、よく考えて曲順編成をしています。

音舞台での11曲の構成で1曲なのです。

そしてクラスのまとまり。

よーーーく見てくれています。

感謝です。

でも・・・ぶつかり合いながら生まれた音舞台です。

音舞台の練習期間に入るまで、

担任はクラス団結の向上を目指しましょう。




2018/10/12

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】FESTA2018'


FESTA2018'

テーマ「WA」の通り

とても和やかな雰囲気で開催できたと思っています。

ぶっつけ本番の競技も多いのがFESTAの特徴ですが、

会場の大きな声援と盛り上がりが、

各競技、演目のアクセントとなり、

園児たちに火をつけてくれます。

年少児、年中児、年長児と育ちが垣間見れるのが行事。

体力の違いも当然のこと、

団結、チームワークもご覧いただけたのではないでしょうか。

年長児のPレース(クラスリレー)では、

走る順番を自分たちで話し合い決めて挑んでいます。

日頃のリレーでも、

負けても、誰かのせいにするのでもなく、

次の機械に勝機を狙ってきました。

これをステップに、

一層、団結を深めて欲しいものです。

本日は、ありがとうございました。