2018/12/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ムーミン谷?


自然には人の手の入った自然と、

そうでない自然があります。

今日は、人の手の入った自然。

環境整備は大切。

そのようなことを強く感じた場所でした。

サタデースクール。

久しぶりに顔を合わす小学生たち・・・

楽しそうでした。

「学校は楽しいの?」と竹◯先生が尋ねると。

「週4日はつまらない」とA君。

言い回しがサイコーですね。

週1日でも楽しければいいことです。

小学校は先生とウマが合う合わないで、

大きく生活が変わってします。

それが勉強の入り口でつまずくことになったり、

勉強が面倒なことと認識するようになったり。

特に学力の結果に対しては親は介入できませんから、

どれも上手な応援しかできないものです。

人的環境と物的環境。

ムーミン谷の物語にヒントがありそうですよ。




2018/12/12

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】多様性


パール幼稚園の考えられる強みのひとつとして、

担任以外の先生の活躍があります。

正規雇用であったり、

パート雇用であったりと勤務体系は様々でありますが、

とても大きなエネルギーとなっていることは確かなこと。




そして・・・

その大半の先生方は、卒園児の保護者の方であったり、

在園児の保護者の方なのです。

パール幼稚園を理解している方々なので、

これも、とても心強く、頼もしい存在です。

幼稚園という世界は変化しています。

コアとなる教育活動以外にも

子育て支援や輝くママのための活動と

様々な役割が求められるようにきています。

ここでも、

また、ご自身の子育ての経験を生かせるので、

大きな戦力としていただけるのです。

普段、ゆっくりと話す時間も取れませんので、

この場をお借りして・・・

みなさんの活躍に感謝しています。

ありがとうございます。




2018/12/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】お知らせ


-->
石◯◯子先生の話題です。

(最近?激ヤセした!!!)

(何か悩みを抱えているのでは??)

(園長センセが、

おっかなく言い出せないことがあるのでは??)

多くの保護者の方々にご心配をいただいているようです。

そのワケは・・・

(懐妊したことを園に言い出せないから?)

(このことを園長センセに言ったら・・・

人手が足りないのに!!と激怒されたから??)

保護者の噂は面白いものです。

オイオイオイ・・・

私は、どんな輩なのでしょうね。

鬼か?悪魔??笑

石◯先生・・・

嬉しそうに知らせてくれましたよ。

「園長先生・・・子を授かりました。」

「仕事も辞めるつもりはありません。」

「このまま担任を続けたいのでお願いします。」

と・・・・・。

多分、私・・・・・

ご家族以外では、

初めに知らせを受けたと思っています。

私は「大家族的結合」ということを根底におき、

パール幼稚園にお勤めいただく方々には接しています。

自分の家族に対するように、

同じことをしていこうということです。

石◯先生自身も・・・

私には、家族のように接してくれていると感じています。

パール幼稚園がいい・・・

ココがいい・・・。

その意味の中には、

この人のもとで働いていたい。

この人と幼稚園をつくっていきたい。

石◯先生の姿と言葉の節々から、

そのように感じることができます。

そんな関係性であることが「大家族的結合」だと考えています。

故に・・・

信頼を寄せるマネージャーなのです。

6月が出産予定だそうですから、

それまでには、

幼稚園という場所です。

流行する悪い風邪なども考えられます。

マスクをして園児の前に立たなければならないこともあるでしょう。

園庭を走らなければならないこともあるでしょう。

メンタル的にも大きな出来事にも出くわすかもしれません。

胎児は、すでに「心を持っている」と考えています。

石◯先生の幼稚園教諭としての姿、考え方、言葉を・・・

全て吸収して育っていることです。

生まれてくる子どもの為にも、

子どもにとって自慢の母親になる為にも、

石◯先生の想いと、体調を配慮し、

ベストの環境を整えていきたいと考えています。

クラスの保護者の方々には、

多くのご協力をいただかなければならないこともあると存じます。

諸事情を、ご理解いただくことお願い申し上げます。




追伸

懐妊を機に、BaBy Pearl Nursery に移動した
元アメシストクラス担任奧◯◯夏先生ですが、
いよいよ20日より産休に入ります。
懐妊で体調不良を申し出ていた元サンゴクラス
担任田◯◯貴先生は退職を申し出てきましたので
受理しましたことをお知らせいたします。

2018/12/10

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】活力に


12月・・・

2学期、総まとめの週を迎えました。

各クラス担任は、朝の会のみならず、

遊びを重視し、

人との関わり方、

生きる知恵、

考える力を掴まえさせることに重点をおき

教育活動の展開を試みること。

特に幼さが残る年長児に対しては、

就学を視野に入れた課題を明確にし、

3学期へ繋げるようすることが求められます。

さて、藤◯◯佳先生ですが、

参観が終わり、保護者の方から、

嬉しい言葉をかけていただけたようです。

ありがとうございます。

私も嬉しく思います。

普段、嬉しいことがあっても、

自慢というか・・・

あまり口にはしない先生です。

よっぽど嬉しかったようで、

「気づきメール」に、

そのことが記してありました。

昨年度から引き続きクラスにいる保護者の方から、

「本当に?藤◯先生なのか?」

「見違えるようだ・・・」と、

クラスでの姿をみて声をかけられたとのことです。

やはり、幼稚園教諭にとって、

保護者の方々からの励ましの声は、

どんな効果なサプリメントより効果があるものです。

そして・・・このことを耳にした宮◯◯衣先生。

学年で寄り添いながら育んでいる後輩の喜び事に・・・

自分ごとのように嬉しかったようで、

この日、宮◯先生の「気づきメール」も

このことがメインで記してありました。

どうですか?

この写真・・・

昨年の4月、短大を卒業したばかりの表情です。

パール幼稚園での勤務の1年の差は大きい・・・と。

今年、復職した田◯梢先生が言ってますが、

この写真と、1年、努力を重ねた表情。

比べてみてくださいね。

頑張った人が頑張った分だけ、

素敵になれる場所が『Pearl』ということを、

自ら認識する必要もあるのでしょう。


2018/12/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】TRY&ERROR


つくっちゃ壊れ。

つくっちゃ壊れ。

これがモノつくりの醍醐味です。

でも、うまくいかなくて悔しい時もあるんです。

それが学びです。

上手につくれなくて悲しい時もあるんです。

そして工夫です。

これが考えるということです。

自分で空想を見立てることが素晴らしい。

大人の初見で「それ?剣??」なんて聞いてはいけません。

もしも・・・違ってた場合は、

かなりショックなのが子どもです。

ですから・・・

「それなぁーに?かっこいいじゃん??」が正解。

さぁ、皆さんは、この姿?何に見えますか??
2018/12/05

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】思考の芽生え


身近なものと関わり感性は育つものです。

見えるもの、触れるもの、匂いのするもの、聞こえてくる音、

これらの全ては感性を育むものと繋がります。

健康な心と体。

自立心。

共同性。

道徳性、規範意識の芽生え。

人々との関わり。

思考力の芽生え。

自然との関わり。

数量、図形、文字への関心、感覚。

言葉による伝え合い。

豊かな感性と表現。

これらは幼児期までに育って欲しい幼児の具体的イメージとして、

幼稚園教育要領に掲げられている10の姿です。

この中で一番に大切ではないかと感じることは、

思考力の芽生えでないかと・・・

モノと関わりながら、試したり、工夫したりして遊ぶこと。

周囲の人と関わって遊ぶ中で、新しい考えやより良い考えを生み出すこと。

遊びからの発見。

遊びからのイタズラへの発展。

集団遊びからのルールの理解、ルールの決め方。

どれをとっても思考力は要となります。

身近な環境に関心や好奇心を持つことで遊びへと発展するものです。

身近なものへの目の向け方は大切なことです。

このお花・・・綺麗な赤だね。

綺麗な・・・というのがポイントです。

今日は澄み切った青空ね。

澄み切った・・・が大切な表現です。

あの雲・・・ハンバーグみたいだね。

興味を引き出す会話、

親子で楽しんでみてください。
2018/12/03

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】みかた


Pearl Nursery School の建設現場から、

幼稚園の風景です。

このアングルで園をみたことがなかったので新鮮です。

シビアに対応しないから、

後から痛い思いをすることがよくあります。

これは見方を変えても新鮮にはならないだろう。

でも・・・

シビアにしなければならない時流なのでしょう。