2018/06/18

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】カラダのチカラ見学会


入園説明会では説明しきれないリアルな姿。

平成31年度 入園をお考えの方々を対象に

『カラダのチカラ』と題する見学会を開催しました。

雨の中、多くの方々にご参加いただき、

御礼申し上げます。

パール幼稚園の入園基準として、

幼稚園の教育を理解していただけることが前提です。

そして、

利用者ではなく保護者として、

学園の発展にご協力いただける方と

ご縁を育んで参りたいと考えています。

他者との関わりに神経質な方、

制度、システムに神経質な方、

他者との協調を拒む方、

家庭との考え方、方針と違うなどのご意見で、

園運営においての調和を乱す恐れのある方なども、

入園基準に該当はいたしません。

良い教育を実践するためには、

手間がかかり、

時間も費用もかかります。

そして、様々なお願いも生じるものです。

園と一緒になって、

園児とともに進んでいける保護者の方と

ご縁を育んで参りたいと思います。

このようなお願いをご理解をいただくためにも、

各見学会、

そして、

入園説明会の参加は絶対に必要だと考えていますので、

ご都合を合わせてのご参加をお願いいたします。

論より証拠・・・と申します。

ご来園いただき、

実際に目でみて、

肌身で感じていただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。



今後の予定として・・・

カラダのチカラ(2回目)7月2日(月)

姿勢のチカラ(1回目)9月10日(月)
      (2回目)10月1日(月)

未就イベント     9月8日(土)

入園説明会      10月10日(水)

となりますので、

HPで詳細はご確認のうえ、お申し込みください。




2018/06/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】中心の軸

パール幼稚園の先生方は、

掃除をしている姿も美しい・・・。

私の自己満足かも知れませんが・・・

真剣に思ってます。

「今年、雇った新人が使えなくて…」

近頃・・・多くの園長先生方から耳にする言葉です。

期待が大きすぎるのでしょうかね。

しかし・・・

それも当然かも知れません。

私の周りにいる園長先生方は、

それぞれ園改革に力を入れている先生が多いですから、

多額の採用費をかけて、

あの手、この手で確保して、

時間と費用をかけて、

新人を教育して・・・・・

そこまで頑張っても、

一向に仕事を覚えない新人や、

やりたくない仕事はしない・・・

平気で遅刻と欠勤・・・・・

そして・・・

ある日突然「辞めます」と言い出す新人。

このような現状・・・

園長先生方が

新しい教員として迎えた人に対して不満を持つことは、

日常茶飯事の時代かもしれません。

「俺の時間とお金を返せ!!」と

言いたくなる気持ちもわかります。

採用にかけた費用を園児のために投資していれば・・・

もっと努力している先生の処遇に回せたら・・・

新人にかけた時間と費用を

もっと価値あるコトに割けていれば・・・

話の伝わらない新人を一人雇うだけで、

周囲の人の貴重な資産である、

お金や時間が失われるだけでなく

一緒に仕事をしていて気分が悪くなるという

最悪の結果になるのはお決まりのパターンに陥ります。

では、

この問題を解決する採用にするには

どうすればよいのか?

これが課題ですね。

キーワードは、

「働き方は頑張り方であり生き方である」

どんな先生としての人生にしたいのか?

ココでしょう。

ココの共通の理解と認識。

そして・・・

本人の心の置きどころ。

仕事があって自分の生活があるのか?

自分の生活があって仕事があるのか?

先生と呼ばれる職業にとって、

両者は大きな差を生みだすコトでしょう。

そんなコトを考えていたら・・・

こんなDMが手元に届いた。


その通りだ。
2018/06/14

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】丁寧に


BaBy Pearl Nurseryの

1歳児たちの加速するような成長は面白く素敵。

人間の神秘さえも感じます。

さて・・・思考は現実化する!

とはよく言いますが、

なぜ思考は実際のところ現実化しないのかを

よく考えていく必要があり考えたことがあるのです。

思考は現実化するんではなく、

思考した後の行動が現実化を起こすのは、

当たり前すぎてあえて語ることもない部分で、

思考は行動を変えるためにあるものです。

行動が変わらなければ、

思考はただの逃避です。

精神性に偏り、

知識や情報、

そして自分の意識に変革を起こすことにだけに

没頭して取り組んできた人にとっては、

とても逆説的なことですが・・・

動くことを大切にしていくことです。

精神性の本質を掴むためには、

私たちは日常生活の1つ1つを丁寧にすること、

何気なく自分を取り囲んでいる

「もの・こと」の取り扱う方法を、

より理解して、

実際にそれを実行していくことなのだと思います。

丁寧に・・・

キーワードですね。
2018/06/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】いつ学ぶ?いつ覚える?



負けるもんか!という、

本田技研工業の広告を用いてのコラムをブログで述べさせていただきましたが、

それの続きのようなものです。

子どもの育ちを考えると、

この、負けるもんか!ということは、

人生、全て思いどおりにはならない。

人生、避けて通れないこともある。

人生、努力しても、どうにもならないこともある。

これらを、

いつ、

どのようなタイミングで身をもって知っていくのかは、

とても大切なことだと考えています。

いつ?学び。

いつ?覚えるのか?ということです。

楽しいばかりが園生活ではありません。

入園進級して2ヵ月経ちましたが、

今、子ども達は、それぞれの試練と戦っています。

新しい環境、

新しい経験、

そんな中に飛び込んだ子ども達ですが、

いつも懸命に頑張っていますね。

ここでいう、

この試練は、

必ず乗り越えなければならない試練だと考えています。

ですが、

この試練は、

時間と共に乗り越えられることでもあるのです。

時間ともに乗り越えていかないと、

将来、

社会に出てから、

つまずいたとき、

乗り越えるのが困難になるのではないでしょうか。

若い幼稚園教諭や保育士をみていて、

社会に出て、

遅刻、

期限か守れない・・・

自分勝手な思考などの、

規律に適合できない方は、

それぞれの育ちの過程を伺うと、

これらの経験は少なく、

きちんと積み上げてこれていない場合が多いです。

園生活では、

親の見えないところでどのようなことが行われているのか?と、


多くの保護者の方々は、

想像し、心配される方もいらっしゃると思います。

この心配は、親心として、当然のことですが、

これは余計なことでもあるということを理解しておくことも、

親として必要かとも思います。

なぜならば・・・

子どもは子どもなりに頑張って、

自分で乗り越えていく力を身につけていかなければならないからなのです。

先生の見ていないところで、

嫌な思いや、

トラブルがあっていたとしてもです。

きっと・・・

子ども、その出来事を先生や親に伝えてくるでしょう。

その時がチャンスであり、

自分で解決する術を教えるのです。

親として、悲しみや憎さが強まり、

相手を責めていく術や、

報復を教えるのではなく、

どのようにして、

自分で解決していけるのかを教えることが大切かと。

続きは・・・園だよりで・・・・・。




2018/06/08

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】踏み上げたチカラ


就職・・・

人材確保の大変に困難な時代になり、

学生に向けての園のPRしなけらばならなくなりました。

毎年、毎年、あの手、この手で取り組んでいますが・・・

誰でもいい採用ではございません。

ですから・・・ムズカシイ。

そのようなか・・・

学生向けの園PR冊子に原○子先生が特集されています。

この原○子先生。

現在のパール幼稚園においての教育実践・・・

教育内容の構築に大きく貢献してきてくれた先生です。

音舞台を成功に導くために・・・

音楽ではなく、音楽を通じて教えるために・・・

自立と自律を促す特徴的な活動を構築するために・・・

ホントに素直に取り組んで研究、研鑽を重ねてくれた先生であり、

原○子先生が導き出してくれた部分は大きいものです。

そして・・・教育面だけでなく、

パール幼稚園の幼稚園教諭としての美徳とする部分も

磨きあげてきてくれたものであり、

現在、進行中でもあります。

この冊子、ライター、編集の意図することの誘導インタビューに

これまた、素直に答え、

それでいいのかい?と頭も傾げてしまいますが、

そんな様子が、よぉーくわかってしまうのも原○子のいいところ。

これまで積み上げてきたチカラ・・・

相当なモノであると評価しています。

この記事を読んで、

こんな先生になってみたいと思う人が多く現れるといいですね。

あっ・・・この記事の掲載はフライングです。

大丈夫かな??
2018/06/07

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】人生を豊かに・・・


色々なことがあって

人生は彩られますね。

パール幼稚園に勤めて人生が豊かになった・・・

そのように言ってくれる先生です。

川○○代先生ですが・・・

おなかも段々と大きくなって、

今にも・・・そんな雰囲気ですが、

とても楽しみです。

やっぱり・・・

先生方の赤ん坊の顔を見るのは嬉しいものでして、

特別なんです。

川○○代先生、

ギリギリまで仕事は頑張りますっ!と宣言してますが。

大事にしてほしいものです。
2018/06/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】園に0いての力もち


福○○奈先生です。

東京家政大学短期大学部の教育実習で、

パール幼稚園を訪れてきたのが11年ほど前になるのでしょうか。

1年次、2年次との実習から、

パール幼稚園の扉を叩き、

もう、長いお付き合いとなります。

存在感を示す同期の先生方がいたからか、

とても控えめに振る舞う先生です。

でもね。

よぉ〜くみてます。

よぉ〜く考えて行動します。

人が気づかない箇所、

人が気にしない部分を黙々と取り組んでくれています。

この先生の気づきメールなんて、

マトをつきすぎて、返信に困るほどに、

よぉ〜く考察しているのです。

まぁ、

自分から情報を発信することも少ないので、

周りからしてみれば、

何を考えているのか分からない先生もいるでしょうが、

ほんと・・・

福○○奈先生の洞察力と行動力には敬服もします。

縁の下の力もち・・・ともいいますが。

園においての力もち・・・

このような先生がいてくれるからこそ、

幼稚園も円滑に回るのでしょう。

若きMoodmaker'sたちよ・・・

こんな先生も真似ることが必要だ。

そして・・・

そのような気づきこそが学びに転化し、

自分の個性となるのです。