2018/05/26

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】園風開化


パール幼稚園園長野村良司の脳ミソのおすそ分け?

興味がある方は・・・

どうぞと・・・

この指!!

止めまれ!!で始めた、

次世代を担う若き先生方が集う勉強会。

早くも4回目を迎えています。

女性陣も努力を重ねている先生方も多く、

活発な内容になってきています。

特に男性陣より女性陣の話の方が勉強になりマス。

男性陣は頑張らないと(爆)

この会、会場費を参加者で割るだけの徴収でして・・・

あっ・・・終了後の懇親会費もね。

コンサルティング会社で企画すると、

年間30万円は下らない内容かと。

毎回、自園の資料を持ち寄り、担当を決めて発表もします。

それそれの園の園風が開化される時間にしたいものです。

新規に加入を申し込まれる先生もいるのですが・・・

人数が多すぎなので、

少し??ウェイティングしてもらってますが、

必ず脱落者は出ると思いますのでお待ちください。(笑)


2018/05/25

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】悩む・・・


そろそろ15年先の幼稚園の未来、

パール幼稚園の置かれた環境をリアルに考える時期かな・・・

と思っています。

考え出すとキリもなく、

夢物語でもあり、リアルな追求でなければなりません。

時代背景が、どうなるか?

これも大きく影響するでしょう。

この都内、

このエリアにおける幼稚園・・・

少子高齢化・・・

縮小経営方式は確実な路線でしょう。

しかし・・・

子どもたちの未来を考えることは深くなるでしょう。

夢と希望とロマンを描くことで

乗り越えてきた幼稚園教育経営ですが、

リアルに電卓叩いて、計算して、

シビアに取り組む時代になることも確かなこと。

ん〜悩む。




2018/05/24

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】嬉しいですね。


田○梢先生です。

一昨年前に退職しましたが、

今年、復職した先生です。

担任としては実力者ですし、

園内では、

フットワーク、

人懐こさもあり、

存在感もバッチリな先生でした。

今年からは、

若き先生方の指導係??のように、

新たな役割を見出して活躍してくれています。

一年間、いなかったハズなのに・・・

そんなことは微塵も思わせない存在感。

ホント・・・

パールのファミリーなんだなと受け止めていますし、

仕事をしている時の田○梢先生の表情は、

いつも輝いています。

そんな先生が多くいることは嬉しいこと。

自分の力量が足りなく、

思うように輝けないので、

当たりどころがなくなり、

不満を抱き、

園を去る方もいらっしゃいますが、

このようにパールに戻ってくる先生もいます。

厳しいことも注文しますが、

すべて、園児に関わる正当な論理であり、

このことが理解できなければ仕方がないことです。

妥協して、園の目指す教員像を変えることはしません。

もともと、幼稚園教諭になる方々は、

20数年生きてきている人間ですから、

その人を変えることは容易いことでもなく、

あの手、この手でアプローチしても、

ほとんど、無力なこと。

心の置き所を何処に置くかでライフワークは変わります。

パールに携わる先生方には、

人生を豊かにしてもらいたい・・・

これが、切なる願いです。






2018/05/23

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】フットワーク


小さいスクールバスが新車になりました。

このスクールバスは、トヨタ純正ではないスクールバスで、

北海道のコウゲンシャという

スクールバス専門で販売している業者さんの車両で、

様々な安全ギミック満載な車両です。

スクールバスと言えども、

これも人材難で運行が難しくなっている時代です。

本園のスクールバスの運行も2社の派遣委託していますが、

これまた、ここも人材難。

中々、フットワークのいい方にめぐりあえません。

昔のスクールバスは、

いつもタイヤまで、ピカピカでしたが・・・

最近はね。

建材屋のミキサー車の方がキレイだったりします。(爆)

でもね。

コレ、大切なことだと思うのです。

ドライバーさんにもガンガン言わないとならないでしょうね。


2018/05/22

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】ライフワーク


幼稚園に来たら・・・

おもいっきり遊ぶこと。

これは園児たちにとってのライフワークかも知れません。

幼稚園にいる時間が生活の大半を占めますが、

お家に帰ったら?なんて考えていたら、

幼稚園でのライフワークはおそろかになるかと。

おもっいっきり遊ぶこと・・・

これは、子どもにとって、

報酬でもあり、

やりがいでもあり、

その中で手にする友達とのポジションでもありますね。

仕事に置き換えても同じかと。

職場が中心で生活が回っているか。

その報酬は、

賃金ややりがい、

ポジションやスキルアップ

職場の人に必要とされるかetc・・・

報酬はすべて、

夢中になって取り組めるライフワークを見出したとき、

すでに手に入っているものでしょう。

心ここに在らずなら、
(プライベートな遊びを中心で生活を回せば、)

報酬は手にできないでしょう。



2018/05/21

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】début





株)Gクリップコーポレーション主催

No.3セミナーが開催されました。

No.2セミナーに引き続き、

学校法人白水学園の学年リーダークラスの先生方と、

パール幼稚園のマネージャー2人のコラボセミナー。

全国各地から多くの幼稚園教諭の先生方が集まる中、

石○○子先生と宮○○衣先生の講演デビュー戦。

貴重な時間と高い費用をかけて参加する先生方のために、

勝手に話していいよ・・・とは言えません。

それなりに参加していただく、

先生方のヒントになる内容にしなくてはなりません。

はい!と・・・

マインドマップで大枠は定めて、

ここからが、2人の思考回路が交差します。

ここ数週間。

仕事が終わってからの内容相談・・・

費やした時間も実り、

とてもいい講演だったと思います。

白水学園のパワフルな講演を目にして、

この2人は、どう出るかな??と。

普段のようにパールらしく。

パール幼稚園の先生としての品格、

パール幼稚園の先生として魅せてくれました。

講演の中でも、

私たちが基準でありたいと宣言していましたが、

この2人に憧れを抱いて、

姿を追う先生も多いもの。

私がマネージャーに求めるものは、

そのままでいい・・・ということ。

そのまま進んでくれればいいのです。

それにしても、

我が永遠のライバル白水剛先生の育てる幼稚園教諭の先生方。

エネルギーの塊を感じさせる時間。

白水学園の魅力でもあること、

その凄さを再認識しました。



2018/05/15

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】二人



2年目を迎える期待の星の2人。

短期間で、人はここまで育つのか?

と感じさせてくれる2人です。

よそ様の幼稚園では中堅クラスの思考力はあるかとも思います。

日々、悪戦苦闘しながら情熱を注いでくれていますので、

不器用ながらもマネージャー陣にくっ付いていき、

その中でも多くの気づきを学びに転化している様子が伺えます。

この2人の関係性は同期であり、

互いにライバル視していることも確かなこと。

一人が1歩、先に進めば、

もう、一人は2歩、先へと。

通常、同期でいると嫉妬が芽生えることも多いのですが、

この2人を見ていると『育ち愛』効果で、

互いを応援しながらも、本当にいい関係性です。

「応援する人は応援される」という定義がありますが、

それらを裏切らない姿を示してくれています。

大きくなったら幼稚園の先生になりたいの・・・

そのように憧れを抱いてくれる園児もいるようです。

学生にも、こんな先生になってみたいと思われるよう、

日々、進んで欲しいとエールを送ります。