2020/09/18

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】頑張る姿・・・

人は一生懸命に物事に取り組む姿には・・・

心を打たれるものです。

この時期、この担任教諭とクラスの園児たち・・・

この姿をみて何も感じない人はいないと思います。

それほどに誰も入り込めない

素敵な時間となっているからです。

ですから今日は愚痴らせてください。



先日もお話しましたコロナ話です。

私の耳に入ってきているだけで、

区内小学校での陽性反応となってしまった

児童がいる学校は9校。

しかも教育委員会からは情報提供は無し。

保育サービス課からは、

毎日のように情報提供があるのに・・・

しかも・・・コロナへの対応は学校によって違う。

例えば・・・3兄弟の通学するA小学校。

長男のクラスでコロナの陽性反応者がいました。

もちろん長男は濃厚接触者となり

2週間の自宅での経過観察。

しかし・・・

同じ学校に通う次男は通常の登校。

もちろん、三男の園児は登園してきます。

コレ・・・6月であれば、

家族全員が2週間の自宅での経過観察です。

そして・・・B小学校の対応は、

3日間の休校で校内消毒、全学年休校。

3日後、対象クラス以外通常登校。

現在、全ての判断が保健所となるらしいですが、

もう少し・・・

保健所と教育委委員会が連携をとった

対応をした方がいいのではないだろうか?

保育サービス課は、

多分、連携をとっている。

だから毎日のように情報が届く。

教育委委員会と言っても、

私立幼稚園だけ蚊帳の外のような

気もするのだが・・・

コレ・・・

本園が、そうあった場合を想像してみてください。

幼稚園では、接触の範囲が小学校とは異なります。

バスコース・園庭・3Fホール・アフタークラス。

勿論、多くの先生方園児たちとの接触があるわけです。

1クラスだけ休園・・・

これは正しい判断なのでしょうか。

接触の範囲を考えると無理な話である。

園児のご家庭からだったらまだしも・・・

教員側からだったら・・・

許してもらえるでしょうか。

このように頑張っている姿を台無しにしてしまうわけです。

そして・・・

とうとう・・・隣接する中学校でも陽性反応者が生徒から。

そのクラス以外は通常登校だそうです。

どこでなってもおかしくない。

そのような言葉も聞こえてきますが・・・

本当に・・・

それで許されるの??

園児たちから、

シルバーウィークの様々な予定も聞こえてきますが・・・

大丈夫なの???

そう思うこの頃です。

もしも・・・

教員側がなってしまい、

感染の理由に納得いかなけらば、

多分・・・

それなりのペナルティーは発生させるつもりです。

シビアにならないと園長業は勤まらないもの。



 

2020/09/16

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】入園説明会・其の3

 


本日で入園説明会は3回目。

ご参加いただきました皆様・・・

ありがとうございました。

コロナの渦の中の入園説明会。

今年は参加率も悪いと予想していましたが、

そのような心配もとり越し苦労となり、

例年を越す参加者となっています。

この数字を掴み取ったのは、

パール幼稚園の先生方の姿勢、

教育実践があってこそのこと。

入園説明会に来園していただける方々を

お迎えするたびに、

随所に・・・

当たり前であって当たり前でない美意識。

パール幼稚園の先生の美徳とするところを

感じ取ることができるのです。

どうですか?

この椅子の並び・・・

縦横、角度・・・

左右対称にピシッ!と揃っているのです。

きっと・・・

マネージャー陣の先生の導きが

あってのことでしょう。

演台に立つ私と

目が合うように並べられ、

私がベリーベストでお伝えできるよう・・・

最高のステージが用意してくれています。

長時間に渡り、

嘘偽りなく、

現状のお話を

させていただいておりますが、

これも・・・

パール幼稚園の先生方が細部に到るまで、

パール幼稚園の先生として

生きてくれているからです。

きっと・・・

椅子の並びや会場の環境など、

誰も気がついてくれるとは思いませんが、

これがパール幼稚園の先生方の

美徳とするところなのです。





2020/09/14

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】加速・・・


育ちが加速しています。

3週間前のこと。

入園説明会の資料作成のために、

覗いていた年中児。

一目で違いが分かるほどに成長しています。

やはり育ちの2学期。

たった20日弱・・・

ちょっとの日々の積み重ねが

大きなものとなっています。

『ちょっとは大きい』。

ちょっとの違いは目に見えにくいですが・・・

必ず大きなものとなって見えてくるものです。

本来ならば・・・

この時期の様子をご覧いただく説明会です。

変えたいなぁ〜と欲も出ますが、

過去2回と内容が異なっても困りますからね・・・

このままで勝負しますっ。

そうそう。

毎回、説明会のご感想というか・・・

心でお感じになられたこと・・・

参加された保護者の方からメールやお手紙を頂戴します。

とても有難いことですし、

とても励みにもなっております。

ありがとうございます。

幼稚園がよくなれば、

園児たちもよくなる。

そして保護者の皆様もいいことある。

ガッツで5回・・・万全を尽くして参ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・・コロナの情報。

大田区内の区立小学校4校において

児童に陽性反応があったそうです。

ホント・・・すぐ側まで迫ってきた感じがします。

教員側から出てしまったら・・・

シャレにならないです。

小学校と違い関わりの幅が異なります。

小学校のように、

3日間の閉鎖では済まないでしょう。

甘く考えてはなりません。

順次の検査となり、

きっと・・・結果のタイムラグもありますから、

大事をとって約1ヶ月程度の閉鎖を考えられます。

8月・・・

園児たちの成長を願い、

カリュキラムを遂行してきた

意味もなくなってしまいます。

社会的責任。

捉えていただきたいと思います。

Pearl Nursery School の先生方、

Pearl Primary Club の先生方、

幼稚園に迷惑をかけてはならないと、

FESTA が実施できるようにと、

休日外出自粛令を施設長が発令しています。

わからなきゃいいやと・・・考え、

ぷらぷらと外出するのは、

考えて欲しいものです。



 

2020/09/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】模倣



「おはようございます。

今日の日直の◯◯です。

よろしくお願いします。」

いつかは・・・ボクも。

いつかは・・・ワタシも。

誰もがやりたい日直です。

今日も日直の掛け声から、

姿勢のチカラと言葉のチカラが始まります。

日本特有の模倣から展開する教育のあり方。

この時間をマスターすることは、

人生にラッキーを呼び込む

コツを掴めるのではないかと思う。

人はひとりひとりの心の中に宇宙があるという。

そして自分の宇宙はいかなる時も

生々発展を繰り返していくのだと思う。

この宇宙の調和が乱れる時は、

アンラッキーな出来事に出逢うもの。

自分の恐れや不安というものが、

形になって出現する。

これも出逢いの概念。

そして・・・

新たな気づきにつながる。

気づきや成長があれば、

次の自分への経験となる

また、この宇宙が整う時は、

ラッキーが舞い込んでくる。

この宇宙の整え方は、

人の心に寄り添うことだ。


2020/09/10

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】スイッチ・・・


行事は育ちの装置である・・・

いよいよ FESTAに向けて育ちの装置が発動されました。

園庭で年長児たちが練習を始めると、

年中児たちは・・・

その姿に釘付けになります。

その瞳の先には・・・

いつかはボクも・・・

いつかはワタシも・・・

憧れのスイッチが入るようすが伺われます。

こうなると年中児の成長の速度が一気に加速します。

担任の腕の見せ所にもなりますね。笑

私たち目線になりますが、

幼稚園において年中児の育ちの幅は、

とても面白いものなのです。

人間は環境に左右される生き物ですから、

どこに身を置くか・・・

誰と過ごすか・・・

とても大事に思えることです。

さて、近隣の幼稚園様でも

園側の方がコロナウィルスに

感染してしまったようですね。

脅威は、そこまで来てしまいました。

本園といたしましても、

コロナでFESTAが中止!!

担任不在で指導ができない!

などということのないように・・・

連休もありますが、

安易に考えず、

気を引き締めて参りたいと思います。

と言っても、

私、

一人がピリピリしても仕方がありませんが、

先生方をはじめ、

各ご家庭でも引き締めて欲しいと願います。

大田区内では区立小学校の児童や先生方の

コロナウィルスの感染により、

校庭の一般解放の中止が延期になりました。

それに伴い、運動会ができない・・・

という私立幼稚園もあるようです。

そして残念なお知らせとなりますが、

大田区総合体育館のメインアリーナでは、

総数450名という

入場制限がかかってしまっています。

よって・・・

パール幼稚園・Pearl Nursery School

・BaBy Pearl Nursery

3施設の園児と教員で、

ざっと450名近くとなってしまいますので、

保護者の方々のご参加は不可能となります。

しかし・・・

どうしても年長児の保護者の方々には・・・

という想いがありますので、

幼稚園最年少児・Pearl Nursery School

・BaBy Pearl Nurseryの

園児たちは演目終了後に解散とさせていただき、

年長児の各保護者1名のみとなりますが、

その園児たちと入れ替えで、

ご参加いただきたいと思います。

詳しくは、明日、送信する予定の

FESTAのご案内をご一読いただきたく思います。

保護者の皆様にはご理解、

ご協力をいただきたく

お願い申し上げます。


 


2020/09/09

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】言葉が導くもの・・・

令和3年度 入園説明会2回目・・・


今回も長時間に渡りお付き合いをいただき


ありがとうございました。


入園説明会の準備を通じ、


様々な見直し、


ヒントを得ることができるものなのです。


それは・・・


進化に向けての道筋であろうか・・・


今年度から取り入れている教育カリュキラムである


【言葉のチカラ】


なかなか面白いもの。


皆さんは・・・


「何のために学ぶのか?」と問われたら、


何と答えるでしょうか。


「何のために挑むのか?」と問われたら、


何と答えるでしょう?


もしかしたら?


大人から言われてきたことは、


自分らしい道を歩んだ時には、


役に立つものでないかもしれません。


だからこそ伝えるのです。


誰でも自分が道なき道を


歩むのかは困難でもある。


でも・・・


そんな時に、


嬉しい言葉に出逢うことが多い。


「自分を信じて」とか


「大丈夫」とか、


「君ならできる」とか。


そのような言葉が、


困難にぶち当たっても、


勇気をもらい、後押してくれる。


人の言葉には力がある。


未来に羽ばたく幼子たちに、


そういう言葉を言えること。


幼稚園教諭の役目でもある。


でも、


言葉の持つ力は、


簡単に養えない。


言葉は幼児の心を育む母乳なのである。



2020/09/03

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】じっくり。


BaBy Pearl Nursery 

パール幼稚園の連携施設と位置付ける

1歳児・2歳児 計19名の小規模保育所デス。

開所から4年目を迎えております。

コアな活動は、

1歳児・2歳児を一応分けていますが・・・

基本、一緒。笑

先生方もベテラン揃いな超お得なです。笑

集団の中で1歳児は2歳児にリードされ、

成長の速度が上がる頃に差し掛かります。

丁寧に・・・丁寧に。

3分待って・・・

ハイ!出来上がり!

そのような子育てはございません。

ゆっくり、じっくり・・・

心を込める。

ここに尽きるのです。