2022/06/30

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】自分の影響・・・

 


ただいるだけで・・・


クラスを和ませてくれる子。


ただいるだけで・・・


クラスをキリっとさせてくれる子。


人は色々なColour を持っていますが、


自分が・・・


どんな影響を与えているか。


それを自覚していますか。


誰もが、


そこに存在している限り、


必ず影響を与えています。


日々周りにいる人に


どのような影響を与えているのか。


いい影響を与えようと心掛けているのか


もちろん・・・


どのように考えること、


どのように過ごしていくかは自由です。


でも・・・


人と関わりながら生きていると思うので、


自分さえ良ければとか、


周りの人のことなんか関係ないということは、


本当に迷惑なので、


宇宙空間にでも行ってしまいなさいと


言いたくなることもあります。


人には相性もありますし、


好き嫌いもあります。


だからこそ・・・


その人の言動や行動で、


その人のレベルがわかるのです。


それが顕著に出る時が、

自分にとって不都合な時です。


都合が悪くなったり、


意に沿わない事が少し続くと、


平気で豹変する人がいます。


います。


この癖がある人は、


少しずつでも


改善した方がいいと思うのです。


なぜならば・・・


築いてきた関係や信用というものを


その時の自分の感情で


簡単に放棄してしまうことだからです。


そういう人を何人も見てきていますが、


とても勿体ない事だと思います。


人は人と関わりながら、


過ごしているのです。


そして仕事においては、


自分の意に沿わない事もばかりです。


あらゆるものと相互の関係で成り立っています。


これは原理原則。


ということは・・・


自分が周りに良い影響を与えるような自分であること。


そういう努力をしている姿勢を示していけば、


周りはそれに必ず影響を受けるもの


どんな立場であれ、


自分自身が周りに影響を与えていると言う事を


どれくらい分かっているか、


そのうえでのことが、


自分の今のレベルです。


自分の都合や自分の狭い価値観だけで、


簡単に信用や信頼を失う行動をとる人、


豹変する人は、


どこに行こうが必ず繰り返します。


相互の関係で成り立っているという事実を、


本質的に理解しない限り、


何度でも繰り返す事でしょう。


その結果も・・・


どうなっていくかは、


あきらかでしょう。


少しずつでもいいので努力することです。


周りに悪い影響を与えるような言動や行動を


自ら率先してやる理由などないのです。


他人の人生に中に


自分もいるということを忘れてはなりません。


子どもたちの人生の中には先生がいるのです。


美しい言葉は美しい心を育みます。


言葉のナノシャワーであるように。


2022/06/29

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】令和5年入園説明会について


 
令和5年の入園について


お問い合わせをいただいております。


連日のように園見学にも


お越しいただいていますが、


まだ、まだ、


コロナ前のようには行きませんので、


少数制で実施しておりますので、


お申し込みいただいている順番で


ご案内いたしております。


さて・・・


上記のように、


令和5年度 


入園をお考えのご家庭を対象に


入園説明会を予定いたしております。


対象者は・・・

最年少クラス(満三歳児入園)15名
令和2年4月2日生まれ〜令和3年4月2日生まれ

年少クラス70名
平成31年4月2日生まれ〜令和2年4月1日生まれ



事前の申し込みが必要となりますが、


申し込み方法につきましては、


9月初旬に


「れんらくアプリ」「LINE」にて


お知らせいたします。





上記のページから、


簡単にLINEにご登録いただけます。


入園、園見学、子育て支援に関する


情報をお届けいたします。


2022/06/28

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】心の・・・


「慢」と言う字から何を想像しますか。


自慢・・・


傲慢・・・


高慢・・・


この慢にあたるものとして、


プライドや虚栄心なども含まれるでしょう。


自分の価値に拘る心に該当するような言葉は、


すべて該当するのではないでしょうか。


人は何かを判断する時、


必ず自分の価値基準を踏まえて判断します。


自分自身の心のこだわりや癖が、


そのまま判断に繋がっているのです。


ですから


「慢」には注意すべきことだと思います。


誰もが自分の考えは正しいと思っていますが、


これは・・・


そのまま行動に出ていくものです。


しかし・・・


考えてみると、


傲慢やプライド、


虚栄心などは、


本当の判断基準ではないものの外的影響を受けて、


間違った判断をしてしまう事も多いものです。


例えば・・・


苦しくって、


どうしたらいいのか判断できず、


頼る人を間違えてしまい、


自分の思っている方向とは


異なる方向へ進んでしまうことなどもあります。


そして別世界に足を踏み入れてしまうのです。


不満ばかりの人


人の悪口や文句を好む人


ズルい人


自分自身中にある


慢という心の病気の結果なのでしょう。


キツイ言い方かもしれませんが、


事実で判断しているのではなく、


自分の心の中にある「慢」が


導き出したもので


判断していると思うのです。


人の心は微妙なものですから、


様々な方向に動きます。


それこそステージの違う人の意見を尊重すれば、


大きな落とし穴にはまってしまうという


結末が待っています。


これも「慢」という


心の病気から来るものだと思います。


これは心の事なので、


必ず人との関係に大きく影響を及ぼすことになり、


仕事にも影響が出る事なのです。


自分は自分であると言うのも結構ですが、


それが「慢」から来るものであれば、


必ずその弊害が自分に返ってきます。


本当の意味で素直になれない人は、


ずうっと、


このような事と向き合うことになり、


同じような事を繰り返しながら、


失うものが増えていく


人生を歩むことになるものかと・・・


誰もが「慢」という


病気にかかる事はあると思います。


大事な事は、


気づく事。


素直ということが


特効薬になるはずです。


2022/06/27

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】慈愛の心

 


近頃、様々な私立小学校から


学校案内が送付されてきます。


とても勉強になるので、


楽しみながら目を通していくのですが…


そのような時間の流れの中で、


「愛」という言葉や


「慈愛」という言葉を目にします。


私の観点で連想していくと


「慈しむ心を持つ」という


キーワードが浮かんでくるのです。


好きか、嫌いかで、


愛を捉えている人の世界と


慈しむ心を持って、


愛を捉えている人の世界は


ステージが違っているように思えます。


好きな仕事や好きなことをやって、


人生を豊かにしたい。


大切な人たちと、


人生時間を豊かにしていきたい。


このように思い人生を歩んでいくことは、


とても素晴らしいことだと思います。


身近にいる人を思い浮かべてみると、


そのような人生を実現できている人は、


その望みの先にある


「慈愛」を持った


生き方をしている方が


多いようにも思えます。


良いことをしようと考えたり、


思いやりを大切にしようと思うことは大切です。


それが、


あたりまえに自然に行動している人たち、


その人は、


常に「慈愛」の心で


生きているのでしょう。


目の前の人を大切にしながら、


世界を慈しむ心。


慈愛の心で生きていると


必ず、


いい出逢いがあり、


ステキな人たちと


ステキなことを


行えるようになると思うのです。


人にとっては救いにもなる


慈愛の心


ひとりでも多くの人が気づきますように。

2022/06/24

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】マインドリセット


人の目が気になる方も多いことでしょう。


幼稚園でも保護者の方々の目ばかり気にして、


迎合に走ってしまい、


調和を図る努力をしないので、


目指す教育の実践が難しくなる園もあるようです。


どんなに人の目を気にしても、


人の目や人の期待なんてものは、


人の数だけあるのです。


そのすべてに応えることは100%不可能です。


人の目が気になる人は優しい人。


優しい人ほど、


周囲の期待に応えたくなります。


優しい人ほど、


周囲の目で疲れてもしまいます。


ここでマインドのリセットが必要になるわけです。 


みられる側からみせる側へと・・・


みられていると思うから、


疲れてしまうし、


自分の言動が縛られてしまいます。


みせていると思えば、


元気になるし、


自分の言動が自由になっていくものです。

2022/06/23

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】甘やかし&甘えさせ




本日のお給食は「うどん」でした。


園児たちの食べる様子を伺っていると、


ご家庭での様子を垣間見ることができるもの。



お箸が上手に扱える子は


美味しくいただけます。


お箸が苦手な子は


悪戦苦闘の時間になります。


お箸が苦手でもお腹が空いている子は


あらゆる手段で夢中に挑戦しています。


パール幼稚園おいての食育は・・・


食べるということ。


食事の時間の過ごし方、


食事は周囲の人と静かに会話を楽しみながら。


そのような大人になって大切になることを


身につけてほしいと思います。


そして・・・


箸さばき。


日本人ですからね。


これも日々の積み重ね。


なんでもフォークやスプーンじゃ、


日本人としてカッコ悪い。



さて・・・


「甘やかし」と「甘えさせ」と違いは、


何が違うかご存知でしょうか。


「甘やかし」は・・・


大人の都合で子どもに何かを促したり、


言うことを聞かせようとしたりすることだそう。


「きっとできないだろう」と心配し、


子どものやることなすことすべてに手を出す、


過保護や過干渉と


言われるような行動も含まれます。


「甘えさせ」は、


あくまでも子どもが主体となって、


子どものペースが守られている状態で、


どうしてもできない場合に


親が援助してあげること。


親や祖父母にしっかりと


甘えさせてもらった子どもは、


自己肯定感が高まったり、


失敗してもまた頑張ろうと


思えたりする気持ちも高まります。


さらに、人に助けを求めたり、


自分の弱い部分を出すこともできるように思えます。


これらの流れは、


人を信じる力も強くなり、


相手に対する思いやりも深くなるものです。


「甘えさせ」は、


子どもが強く生きていくための力や、


人間関係を構築するうえで大切なことですが、


「甘やかし」と「甘えさせ」との違いを


キチンと認識して接する必要があるのです。








2022/06/22

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】悩める人への回答



人を許すことができない人って、


プライドが高い人だと思うのです。


まぁ・・・


プライドにも種類はあると思っていますが、


種類、分類、区分デス。


プライドが高い人はそうでない人よりも、


自分が傷つけられることに対して


敏感なのでしょう。


例えば・・・


周囲の人が、


自分と同じだけ嫌な思いをしている場合でも


自分ばかりが嫌な思いをしていると


自分の不快感を過大視する


傾向があるようにも思えます。


自分は・・・


他の人よりも


嫌な思いをしているという感情は自尊心。


プライドが高い人が


抱きやすい感情かもしれません。


自分は周囲の人とは違って特別。


自分は誰よりも


頑張ってきたなどという


どうでもいいプライドの高さが、


嫌な思いや損をした時に


抱くのかもしれません。


それが人を許せないコトに


つながるものかと。


ちなみに・・・


プライドが高い人には


自己愛が強い人が多いようにも感じます。


自分自身に対する愛が強すぎるために、


自分は特別だと思ったり、


自分の努力を過大視することも


あるかも知れません。


結局・・・


自己愛が強い人は、


人に何か不快感を与えていたとしても


気づかない場合が多く、


自分の正義感だけが判断基準になるようです。


自己中心的な考えということかもしれません。


自己中心的な人、


自分しか見えていない人は、


他人の気持ちを考えない傾向がありますね。


ですから・・・


実は自分が相手を傷つけていることもある・・・


ということなど視野には入りません。


自分の損にばかり目が向きがちです。


周囲の人からすれば、


配慮された扱いをしていたとしても、


自己中心的な性格の人にとっては、


十分でないと感じることなのでしょう。


自分しか見えていない人は、


周囲に目を向けない傾向があることから、


自分が考える理想の状況・対応を基準に、


周囲へ不満を抱くのでしょう。


そのために自分が損な役回りをさせられたり、


何かを我慢しなければならない状況になった時、


強い拒否反応を示す傾向が


あるのだとも思います。


でも・・・


人を一生恨むと


自分が損をしてしまうようにも思えます。


人を許すことの大切さを知るためには、


人を許せなくて、


一生恨むことになった時の状況を


俯瞰的にみて、


考えてみればいいのです。


よく・・・


若い園長先生方に


良司先生は・・・


なんであんなコトをされても許せるの?と


尋ねられることがあります。


だって・・・


他人を許せない気持ちを抱きながら


生きていて面白くないじゃない?


不満や怒りの感情にとらわれたままで


その先を歩んでいくことはよろしくない。


恨むというような


マイナスの感情を抱いていると、


自分が腐っていってしまうように


思えてしまうから。


そして類は友を呼ぶというように、


腐った奴しか


周りに人が寄ってこなくなるように


感じてしまいます。


人のことを許せないで一生恨むことは、


自分自身にとって


損をすることにつながるようでしかならない。


簡単に言えば


自分のために人を許すという思考です。


利己的な考え方かもしれませんが、


良い影響がでるものだとも思っています。


腐ったヤツのことで、


自分まで腐りたくはないものです。


ここからが大事なことと考えますが、


人を許すことは


相手の立場を考えるということです。


人を許せない人は


相手の立場は考えられない人、


自分しか見れていない人です。


相手の立場を考えることで


人を許すことはできないものです。


特に信頼されていた人から


裏切られたと感じている場合は、


やむを得ない事情が相手にあったのかと


考えるようにすること。


これが信頼かとも思います。


相手に何らかの事情があり、


思いやりの気持ちから裏切る


可能性を考えてみましょう。


相手を信頼していた場合は、


それだけの信頼を築く要因があったはずです。


そういったよいことを思い返し、


相手の立場になって、


様々な可能性を考えてみることです。


自分が損をしたことや、


嫌な思いをしたことばかりに


気を取られていると


ココはみることができません。


そういった視野を広げた考えを持つことで、


相手の隠れた思いやりや


配慮に気付く可能性があります。


そうすることで・・・


今後の人生にプラスにつながることもあるのです。


人は人に優しくされて


優しさを知ることができます。


しかし・・・


人は人に優しくしないと


優しさは覚えることはありません。


そして・・・


哀しみは微笑みに変えることができなければ、


人に優しくする機会を失うものかとも・・・。


ごめんなさい。


ありがとう。


愛してる。


この3つは、


ポリネシアンの幸せを呼ぶ魔法の言葉、


ホ・オポノポノが示す言葉です。


これらの言葉が全て含まれているようですが、


すべての道を照らす言葉だと思います。