2021/05/11

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】シンプルに・・・


地球は右回りに自転していますから、


このローリングポールも右回り。


洗面所の排水も右回りに流れますし、


配管も掃除しなければ詰まりますから


水は流れなくなるもの。


全て当たり前のことでありシンプルなこと。 


物事って・・・


シンプルにできているものだと思います。


驚くように、


うまい具合にことが運んだり、


世の中のすべてが


自分を応援してくれているかのように


物事がスムースに動くような


経験もあるでしょう。


そのような出来事に出会う理由は、


ツキもありますが、


きっと・・・


自分の使命と合致したことを


行っているからだと思われます。


その逆で・・・


なぜか・・・


やることなすことが裏目に出て、


アクシデントが重なってしまうなど、


何もかもがうまくいかないこともあります。


これは・・・


やろうとしていることが


その人に合わないからの


ような気もします。


世の中はとてもシンプルに


できているもので、


自分に合うことをしていると、


知らぬ間に道も開け、


運もよくなってくるものでしょう。


自分に沿わないことをしていると、


アンラッキーがハードラックを


呼び込むものです。


人は正直に生きていれば


長所が目立つものですし、


嘘をついたり、


ごまかしたりすれば、


信頼を失います。


人を貶めようとすると


信用とは無縁になるものです。


自分の短所が目立つものなのです。


自分を見極める重要なヒントとして、


長所と短所があるような気もします。


ですから・・・


長所と短所に焦点を当てれば、


おおよそ・・・


その人の状態の検討がつきます。


自分が得意とすること、


自分に合わせればいいのです。


物事は案外シンプルに


できているものなのです。


2021/05/10

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】行動しない限り


答えを知りたいときは・・・


「問い」を思い、


考えながら、


空を眺めてみて見ることです。


どんな雲が浮かんでいるのか・・・


雲のイメージなどから、


「答え」を連想することができるものです。


かなりのこじつけがポイント!!


となりますが・・・笑


イメージを広げていると、


「答え=空」が、


見えてくるものです。


今、何をすべきか・・・


雲の切れ間に答えがあるのです。


「雲と雲の間には、空が広がっている。

そして、どの間を通っても、その先は、

同じ空である。」


という言葉を目にしたことがあります。


思い考えながら空を眺めてみるものです。


その先の空には同じ空でも、


晴天が待っているのか?


曇り空が待っているのか?


それとも・・・


荒れた空なのか?


幸せとか成功というものは


行動しない限り訪れません。


行動しないと苦しくなるだけなのです。


どんな空にしましょうか。


2021/05/07

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】人をつくるもの・・・


習慣のレベルを上げる。


クセづけをしていくということです。


習慣の大切さというものは、


繰り返し何度も伝えていることです。


習慣が人をつくる、


習慣が人生を決めるともいわれます。


クセづけが人間性を決めるともいいます。


それだけ習慣というものは大切なのです。


人のクセというものが重要なのです。


そういうことがわかっていながら、


なかなか変えられないのも習慣です。笑


そして・・・


厄介なことはクセ。


身についていくものもクセ。


少しくらいの意志では、


習慣やクセにも負けてしまいます。


折角・・・


人は「考える」という能力を持っています。


それが生まれるということかもしれません。


行動に移せるように、


行動が継続できるように、


考える能力を使いましょう。


習慣というものは・・・


今からでも変えられます。


習慣のレベルが上がらなければ、


今以上の結果を得られる事はありえません。


習慣のレベルが上がったとしても、


悪いクセが身についてしまうと


脱落していきます。


一気に崩れ去っていくものです。


ステージが上がったとか、


目標達成できたとか、


そういう結果が得られるのは


何かしらの習慣が変わったからです。


習慣が変わると、


周囲からの評価も変わってくるものです。


そして違う景色が見えてもきます。


大きな結果が得られる可能性が高まるものです。


当たり前ですが、


一流の人は一流の習慣を、


三流の人は三流の習慣を持っています。


人間的魅力ということはおいておき、


仕事における成果・・・


ということだけに考えてみると、


時間を厳守する、


物事に集中する、


日々自己研鑽する、


仕事をやり遂げる、


すぐに取り組むなどは、


成果を上げる人たちの習慣である


といわれています。


やり始めたら継続して、


あきらめずにやり遂げる、


この部分がなければ、


望むような成果は出ないのです。


こういう部分も習慣化していくといいですね。


自分に都合のよい理由で、


諦めたり、


止めたり、


逃げたりする習慣を変えなければ、


周りから求められている成果が出る


可能性は減ります。


逆に言えば、


そういう習慣というものや、


悪いクセというものも


誰にでもあるのが事実なので、


少しずつでも変えていくことがベスト。


習慣のレベルを上げる工夫が


必要だということです。


どんな言い訳をしても、


どんな正論を言っても


今の習慣が、


今のあなたをつくっている事実は変わりません。

2021/05/06

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】『今』・・・

 

若葉薫る季節となりました。


心地よい気候ですし、


久しぶりの幼稚園ですから、


少し興奮気味の園児の姿も見受けられました。


日々の積み重ねに重点をおきながら、


ゴールを明確にして進んでいきたいと思います。


さて・・・


『今』ということを、


どのように捉えていますか?


もちろん過去も大切です。


そして未来も大切です。


ですが・・・


『今』を大切にしなければ、


いい過去も、


いい未来もないと思います。


この『今』を楽しんでいる人が、


楽しい人生を送れているのだなと思うのです。


『今』をごまかしては、


楽しい『今』も実感できないことでしょう。


園庭の緑を増殖してみました。


お気づきいただいた方もいるようで、


嬉しく思います。



2021/04/30

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】欲求









 本日は自由登園ということで、


ご家庭からのお弁当をご用意いただきました。


ご協力をありがとうございました。


園児たちは嬉しそうにお弁当箱を開き、


いつもと違う光景で、


楽しいランチタイムを


過ごしている様子が伺えました。


さて・・・欲求。


欲求といっても様々な欲求があります。


もっと楽したい。


もっと楽しく。


○○が欲しい。


自己中心的な欲求。


利他的な欲求。


本来の自分の中にある


高次元の欲求に気づくべきなのです。


本当は気づいていつはずなのですが、


日常の中では


忘れてしまうものかもしれません。


このような質問を問いかけてみてください。


自分は何をする人間なのか・・・


自分は何屋さんであるのか?


誰もが心の中には


高次の欲求が潜んでいるものだと思っています。


ここで言う高次の欲求とは・・・


自尊心であるとか、


他者を助けたいとかいう欲求のことです。


仕事を素敵なものにしている方は、


この欲求を活かせている人だと思っています。


なんとなく仕事をしている人には、


これは理解不可能でしょう。


なんとなく仕事をしているということかも知れません。


この高次の欲求に関する話はいろいろあります。


どんな仕事をしていても、


自尊心を刺激するような仕事ぶりの人と


そうでない人がいるものです。


自分の存在意義を考えてみて欲しいものです。


人に存在価値があることは当たり前のことです。


しかし・・・


その価値を活かせているかが重要なのです。


自分の存在意義とは?


全て仕事ぶりにあらわれているのです。


心構えといってもいいでしょう。


ですから・・・


自分が何屋さんであるか、


明確に意識して定義してみるといいでしょう。


自尊心は行動の動機になっているものです。


投げかける言葉や行動で・・・


相手の自尊心を刺激できれば、


それは素敵なことでしょう。


自分が仕事で、


どのような時に満足感を得られるでしょうか。


どのような時に嬉しいと感じるのでしょうか。


いい加減な行動で導かれる自分でしょうか。


誰もが認める結果を得た時でしょうか。


これらは、何かしらの反応や結果を受けてだと思います。


自分自身の反応や行動の結果で、


相手に同じ気持ちを感じさせることができるということです。


どのような行動だと思いますか。


自分に問うべきことでしょう。


相手の想像を超える行動がとれているでしょうか。


相手を感動させることができているのでしょうか。


レベルの低い欲求に


支配されているときでしょうか。


仕事に関して言えば・・・


その根底にあるものは、


自分が何屋さんであるかという自覚です。


2021/04/28

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】成長の・・・



目標へのこだわりを


強く持つことが必要だと考えます。


これも『いい目標』のひとつデス。


目標なんて特にないという人も


いるかも知れません。


でも・・・

何かしらの目標はあるのではと思います。


働いている・・・


仕事をしているとして、


目標。


何をどのレベルで設定しているのか?


目標なんてなくて、


ただ毎日働いているだけ・・・


と言う人もいるかもしれません。


でも・・・


組織から求められている目標はあるのです。


では・・・


その目標に対して、


どのくらいのこだわりを持っていますか。


この姿勢が評価判断には大きく影響します。


そうであるならば・・・


決められた目標であっても、


拘ったほうが良い結果に繋がる確率は上がります。


ちなみに、


目標のたて方で


現在の仕事に対する姿勢がわかるものです。


ところで・・・


仕方なくでも、


自分で掲げた目標・・・


どのくらい意識できているのでしょうか。


成長する人や成長する組織というのは、


目標に対するこだわりがもの凄く強いです。


成長していくためには、


それに見合う行動が必ず必要ですね。


急成長していこうと思えば、


その行動スピードも、


それに見合う必要があるということ、


つまり早くなければいけません。


仕事における行動スピード、


もっと早い人はいくらでもいます。


こういう部分でも・・・


自分基準を変えることです。


自分基準は自分基準であり、


組織の基準と合ってなければ、


自分基準は勝手な基準ということです。


だからやらない・・・


評価のしようがありません。


まず実行を決めている事と


目標への強いこだわりが必要なのです。


最初にやると決めること。


あとは・・・


何が何でも


それを実現していく方法を考えること、


過去の延長線上で考える事は通用しなくなります。


全く違う視点で考え始めるしかなくなるのですが、


やると決めるまでもそうですが、


やると決めて目標設定してからの


行動パターン、


行動スピード、


すべてが・・・


今までとは比べ物にならならいくらいの


変化が起こることです。


この繰り返しから・・・


成長していくことになるわけです。

2021/04/27

パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】叶う・・・



年少トパーズクラス担任の


佐○○紀先生です。


期待のルーキーですよ。


念願の幼稚園教諭になり、


早1ヶ月が過ぎようとしています。


パール幼稚園の先生らしい・・・


顔になってきたのではないでしょうか?


ワタクシには・・・


そのように映ります。


これからも楽しみです。


希いが叶い・・・


パール幼稚園の先生になったハズですが・・・


次への欲があるのでしょう・・・


自分の本当の希いは、


自覚しているようで自覚していない。


希いが実現していても、


実感がなかったりするものですね。


特に・・・


人生の理想と現実の狭間にいるときや、


うまく進んでいないような気がする時にでも、


意外と自分の希いが叶っていたりする。


それさえわかれば、


人生の主人公は自分であり、


自分の希いというものは・・・


よく生きていれば、


人生で叶うようになっているらしい・・・



おっ!


年中児たちが楽しそうなコトをやってますね〜


こういうの大好きです。


ワクワクしますね。


何ができるか?


楽しみですね。